柏に加入した呉屋が新天地での意気込みを語った。写真:田中研治

写真拡大

「チャンスをもらった時に結果を残せる自信が今はある」
 
 柏に加入した呉屋大翔は、自信を漲らせていた。それもそのはず、昨季は長崎でJ2日本人得点王となる22ゴールを奪取。これまで所属したG大阪や徳島ではひと桁得点に終わっていたが、“今は”選手として最も脂が乗っている。
 
「(得点量産まで)遠回りと思われがちですけど、時間がかかった分、崩れにくいと思っている。その分、しっかりと経験も積めました。今は一番、精神的にも技術的にも安定してプレーできる。そういう意味では楽しみです」
 
 新天地での挑戦にそう言って意気込む呉屋だが、激しいポジション争いは必至だ。なぜなら、同じFWには昨季27ゴールでJ2得点ランキング2位のオルンガがいる。昨季のゴール数で後塵を拝したライバルだ。とはいえ、呉屋は「正直、今の時代はJ1でやろうと思ったら、外国人と勝負して勝たないと、特にFWは先がないと思う」と覚悟していた。そこで、その競争に勝つために、必要になることを聞いてみた。
 
「細かいことを言ったらいくつかあると思いますけど、大枠のほうが大事。監督に言われたことを忠実にこなせるのは日本人の良いところだと思いますけど、FWは特別だと思っているので、結果を出した選手が試合に出れると思っている。そこだけかなと。チャンスをもらった時に結果を残せるかどうか」
 “特別な”FWは細かいことはさておき、結果を残せばスタメンを勝ち取れるということだろう。しかも、ネルシーニョ監督は、呉屋が耳にした「平等に見てくれる印象があります。良い選手は使う、悪い選手は使わない」という前評判どおりの指揮官。つまり、FW陣のなかで最もゴールを多く決めれば、必然的にファーストチョイスとなる。
 
 だからこそ呉屋は、「怪我なく1シーズンを戦い抜いて、しっかりポジション争いの戦場に乗り続ける。そのなかで、チャンスをもらった時に結果を残せる自信が今はある。あとはコンディションとチャンスのもらい方と、そういうのはキャンプと練習でしかアピールできないと思うので、そういう気持ちの整理をしてシーズンに臨みたい」と意気込む。新天地で呉屋が主軸となれるか、期待して待ちたい。
 
取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)