Microsoftは米国時間2020年1月14日、Windows Terminal v0.8をリリースした。インストール済みの環境では自動更新、未インストールの場合はMicrosoft Storeや入手可能。本バージョンでは、スクロールしてディスプレイ上から消えたバッファを含めた検索機能を搭載し、タブごとに異なる検索を実行できる。

「Ctrl」+「Shift」+「F」キーで呼び出す検索機能。バッファ内の文字列を検索できる

実験的機能である「experimental.retroTerminalEffect」を有効にした状態

また、実験的な機能としてCRT(ブラウン管)ディスプレイの効果を再現する機能を用意した。いずれの機能もprofiles.jsonで設定し、検索機能はショートカットキーのカスタマイズ、後者は機能の有無を制御できる。他の変更点として、guidやindexを使用したプロファイル呼び出しや、任意のコマンドを自動実行するなどカスタマイズの機能強化も図った。より詳しい変更点はGithubのリリースページを参照してほしい。

阿久津良和(Cactus)