スクウェア・エニックスは、発売予定のPlayStation 4用ソフト『FINAL FANTASY VII REMAKE』(以下、『FF7 リメイク』)に関して、発売日を3月3日(火)から4月10日(金)へ延期することを公式サイトおよび公式Twitterアカウントより発表した。

(画像は『FINAL FANTASY VII REMAKE』公式サイトより)

 本作でプロデューサーを務める北瀬佳範氏からのメッセージによると、品質を向上させるためのブラッシュアップにもう少し時間を要することを延期の理由としている。

 『FF7 リメイク』は、2015年に行われた「E3 2015」で初めて発表が行われ、およそ5年をかけて開発が進められてきた。非常に長い期間ファンを待たせてしまっていることもあり、今回の決断は北瀬氏率いる開発チームにとっても苦渋の決断であったようだ。

 なお、現在東京・池袋で開催中の「FINAL FANTASY VII REMAKE リミットブレイクフェアinアニメイト」や、今後開催予定のイベントおよび物販に関して、日程がどのようになるかは未定となっている。公式Twitterアカウントをフォローして引き続き続報を待ちたい。

ライター/ヨシムネ

ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。