西野朗監督【写真:Getty Images】

写真拡大

【タイ 1-1 イラク U-23アジア選手権・グループリーグA組第3節】

 AFC U-23選手権(東京五輪アジア最終予選)グループリーグ・A組の最終節が現地時間14日に行われた。西野朗監督率いるU-23タイ代表は、U-23イラク代表と対戦し1-1の引き分けに終わっている。

 引き分け以上でグループリーグ突破が決まるタイと、勝たなければいけないイラクの対戦。重要な一戦で、西野監督は大胆にも先発7人を変更して試合に臨んだ。試合開始して6分、VARで得たPKをジャルンサックが決めてタイに先制点が入る。49分にイラクのモハメド・ガーセムに1点を返されるが、56分にFWスパチャイ・ジャディードとMFスパチョク・サラチャットを投入。83分にDFカマンを投入するなどして陣形を整え、相手に逆転されることなく1-1の引き分けに持ち込んだ。

 同時刻に開催されたU-23オーストラリア代表対U-23バーレーン代表の試合も1-1の引き分けに終わりA組は前節から順位の変動はなかった。そのため、オーストラリアがA組を首位で通過し、タイが2位で決勝トーナメントに進むことに。

 タイのメディア『ナショナル・タイ』が注目したのは先発7人変更。その理由について問われると、西野監督は「最初のラインナップで大きな変更を行いました。何人かの選手が疲れ果てていたため。それで、私はトレーニングで調子の良かった控えの選手をフィールドに入れることにしました。私は彼らにチャンスを与えたかったのです」とコメント。そして、次の試合に向けては「より大きなチームにもっと挑戦したい。このトーナメントで優れたチームとの経験を積んでいますが、選手はまだもっと学ぶ必要があります」と、意気込みを語っている。

text by 編集部