マクドナルド新CM『ちょいマック』登場「迷う」篇での木村拓哉

写真拡大

 木村拓哉が2020年のマクドナルドのテレビCMに年間を通して出演することが発表された。さまざまなシチュエーションでマクドナルドの商品に触れ、「いいじゃんマック」と感じる瞬間を、木村の表情や言葉に乗せ伝えていく。1月15日から第1弾「ちょいマック」、1月17日から第2弾「プレミアムローストコーヒー(ホット)」のCMが放送される。

【写真】木村拓哉が出演する「マクドナルド」新CM商品カット

 ちょいマック登場「迷う」篇では、冒頭から、「すっごい好きなんだけどいつも悩ませるよね」と困り顔の木村。でも、次の瞬間「それがすごい楽しいんですけど!」と、満面の笑み。マクドナルドの店舗で「もうちょっと食べれそうなんだよな〜」と感じた木村は、シャカチキのポスターやスパチキ・ソフトツイストを頬張るお客さんの姿を目にして、「うわー、決めらんねー」と迷う。「よし!」と決心して立ち上がった木村は、「ちょいマックしてくるわ」とカウンターへ。ポテトを口にし「選べなかった」と言いながらいろいろな『ちょいマック』シリーズを購入して席に戻り、うれしそうに「いいじゃんマック」という思いを伝える。

 ちょいマック登場「言い訳」篇では、『ちょいマック』を複数購入して車に戻った木村。後輩から「ご飯食べましたよね?」と問われ、「これご飯じゃないから、ちょいマックだから」と言い切る。スパチキにアップルパイ…と取り出す木村が「絶対ご飯でしょ」と突っ込まれるも、「ちょいマックだって」と力強く説得。結局、後輩も『ちょいマック』を楽しみ「ちょい最高!」と叫ぶ姿に、木村もうれしそうに「いいじゃんマック」とつぶやく。

 プレミアムローストコーヒー「葛藤する男」篇では、マクドナルドにやってきた木村が「コーヒーMと…」と注文しかけて、「マックってコーヒーだけって注文ありなのかな…」と心の中で葛藤し、意を決してクルーに尋ねようとするも、クルーは木村の考えを先読みしたかのように「コーヒーだけでも大丈夫です」と笑顔で返答。コーヒー1杯からでも気軽に過ごせるマクドナルドに、「いいじゃんマック」と表情がほころんでしまう木村だった。

 ちょいマック登場「迷う」篇の撮影で、ちょいマックを買いに行くシーンでは、テーブル席で立ち上がる場面のみの撮影であったにもかかわらず、木村はそのまま店舗カウンターまで足早に歩き、「すみません!」と演技を継続。カメラに映らない場所でもワンシーンを演じ切る役者魂でスタジオの空気を盛り上げた。

 車内で撮影するちょいマック登場「言い訳」篇では、カメラを回すたびに異なるアドリブを見せた木村。『ちょいマック』の発音を真剣な表情で後輩役の役者に指導するなどユニークな演技を連発し、スタッフはカメラが止まるまで必死で笑いをこらえていた。しかし、「リピートアフターミー。『ちょいマック』!」とテンション高めのアドリブを披露すると、さすがに自身でも面白かったようで「ははは!」と大笑い。車内シーンは終始、和気あいあいとした雰囲気で撮影が行われた。

 木村拓哉出演の「マクドナルド」新テレビCMは1月15日より放送。