イオンシネマにシンカリオンが出動 劇場版「シンカリオン」“乗車御礼”ハイタッチ会開催決定

写真拡大 (全2枚)

(C)プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所・The Movie 2019

「新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA-X」に登場するロボットのシンカリオンが映画館にやってくる「劇場版『シンカリオン』乗車御礼!!シンカリオン ハイタッチ会」の開催が決定した。

ハイタッチ会は、1月18〜19日がイオンシネマ海老名、福島、新潟南、京都桂川、各務原、25〜26日がイオンシネマ大宮、名取、越谷レイクタウン、大日、大高で行われる。当日は劇中に登場するシンカリオンから、海老名と大宮にはE5はやぶさ、福島と名取にはE6こまち、新潟南と越谷レイクタウンにはE7かがやき、京都桂川と大日にはALFA-X、各務原と大高にはN700Aのぞみが登場し、上映前にハイタッチ会を行う。なお、上映回については各劇場の公式サイトに掲載されている。

「新幹線変形ロボ シンカリオン」は、JR東日本企画、小学館集英社プロダクション、タカラトミーの3社原案による玩具シリーズのアニメ化。鉄道をこよなく愛する速杉ハヤト(CV:佐倉綾音)らが、新幹線超進化研究所が開発した変形ロボット“シンカリオン”の運転士として、強大な敵に立ち向かう。劇場版「未来からきた神速のALFA-X」では、宇宙からの新たな敵・ナハネの襲来により地球に危機が迫るなか、ハヤトの父ホクトが行方不明に。入れ替わるように時空を超えてやってきた9歳のホクトは、平和を守り元の世界に帰るため、ナハネが狙う新型シンカリオン「ALFA-X」の操縦士になることを決意する。