tiquitaca / PIXTA(ピクスタ)

写真拡大

◆大化け必至の夢事業を先見の明で見極めろ

 株式市場は“玉石混交”。石なのか宝石なのか、結果を見てみないとわからない。そんな中でも「磨けば光るダイヤの原石」を抱えている企業はどこなのか。AIを駆使したインバウンド事業や、最新美容家電など暮らしに直結するもの、環境や防災などいざというときの備えまでその夢の形は多岐にわたる。人々が求める「夢」が現実のものとなったとき、株価の大化けは必至。テンバガーだって夢じゃない。株での利益と夢のようなサービス、2つの意味で夢を見れる銘柄を紹介していこう。
(※株価などのデータは'20年1月14日終値のもの)

 教えてくれたのは、過去に数々のテンバガーをヒットさせた実績を持つ「5賢人」。以下の方々だ。

【渡部清二氏】
 複眼経済塾塾長。’90年に野村証券に入社し、営業や資産コンサル、日本株セールスなどに従事。’14年に独立、’16年に実践力重視の複眼経済塾を設立。個人・法人向けにコンサルを行う

【三井智映子氏】
 フィスコマーケットレポーター。タレント活動のかたわら、’12年10月からフィスコリサーチレポーターとして活動を開始。’13年には書籍出版に合わせて「美人過ぎる金融アナリスト」として話題に

【天海源一郎氏】
 株式ジャーナリスト・個人投資家。ラジオNIKKEIで東京証券取引所の兜倶楽部の記者、ディレクターを歴任後、’04年に独立。個人投資家が儲けるために情報を発信し続けている。連載、著書多数

【藤本誠之氏】
 マーケットアナリスト。SBI証券など国内大手証券を経て、財産ネットの企業調査部長に就任。All About株式ガイドも務める。年間300社のトップインタビューを基にした銘柄分析に定評

【坂本慎太郎氏】
 こころトレード研究所所長。証券会社でディーラー、かんぽ生命保険で株式、債券のファンドマネジャーなどを務めた後に独立し、こころトレード研究所を設立。個人投資家の間で大ブレイク中

◆独自の環境・防災機器を開発

防災意識の高まりを追い風に成長期待
ポエック 東証JQS・9264
時価総額55億4200円
最低購入可能金額27万円
株価2700円

 環境・防災機器の開発、販売。電源を不要とする消火装置「ナイアス」など、ユニークな災害・防災機器の開発を強みとしている。相次ぐ自然災害に加え、防災意識の高まりは同社にとって追い風になりそうだ。実際、販路も拡大していて、今8月期も二桁成長の予想。「向こう側が透けて見える景観配慮型の防潮壁が今後注目」(藤本誠之氏)

◆AIを活用した自動翻訳ソフトを開発

自動翻訳事業が拡大中 RPAの成長も期待
ロゼッタ 東証マザーズ・6182
時価総額408億5600万円
最低購入可能金額39万5500円
株価3955円

 AIを活用した自動翻訳ソフト、サービスを開発している。翻訳情報が表示されるウェアラブルデバイスも注目度大。RPA(業務自動化)ソフトの開発にも注力しており、第二の収益株に育てる方針だ。業績予想は非開示だが、今期の売上高に期待がもてる。「言葉の壁をなくせたら訪日客1億人到達も夢じゃない!」(渡部清二氏)

◆教育現場にICT製品を提供
政策の追い風を受けつつ高成長に期待!
チエル JASDAQ・3933
時価総額110億3000万円
最低購入可能金額28万3900円
株価2839円

 学校にクラウド型のデジタル教材や学習支援システムなどを提供。同社は教育ICT(情報通信技術)に特化して売上高を伸ばしている。ただ、教育のデジタル化はまだこれからが本番。政策の追い風を受けつつ成長を続けそうだ。まだ時価総額が小さく狙い目。「時流に乗っていてテンバガーの可能性十分!」(三井智映子氏)

◆中古住宅の仲介販売業だが……
投資先行も仲介件数は大きく増加中