パナソニックと東京建物は、ビルオートメーション(BA)システムのサイバー・フィジカル・セキュリティ対策に向け、パナソニックが開発中であるBAシステム向けサイバーセキュリティソリューションの実証実験を、首都圏にある東京建物の既存ビルで実施することに合意したことを発表した。

BAシステム向けサイバーセキュリティソリューション

この実証実験では、サイバー・フィジカル・セキュリティ対策を行うために設備資産の調査を行い、サイバー攻撃のリスク評価を行う。具体的には、BAシステムの設備資産・運用といった設備資産調査を通じてシステムの脆弱性や攻撃されやすいポイントを特定し、攻撃者視点に基づくセキュリティ脅威分析を実施することで、BAシステムのセキュリティリスクを可視化するという。

この取組みにより、サイバー攻撃によるビルやテナントが被る被害を可視化できるため、サイバー・フィジカル・セキュリティ対策の優先度付けが可能となり、ビルのセキュリティ性能評価に向けた対策ロードマップを策定できるとしている。

さらに、設備資産の調査において収集した通信データにBAシステムの攻撃データを模した通信を混入させたサイバー攻撃のシミュレーションデータを生成し、これをパナソニックが開発しているAI技術を活用したサイバー攻撃検知ソフトウェアに入力して、疑似サイバー攻撃を検出できるか実証実験を行うということだ。