鎌田、デレ・アリ、イニエスタら…サッカー界の“年男選手”たち30選

写真拡大

 新しい年が明け2020年がスタートした。今年は子(ねずみ)年に生まれた人、つまり12の倍数の年齢(12歳:2008年生まれ、24歳:1996年生まれ、36歳:1984年生まれ…)になる人が「年男(年女)」になる。

 そこで今回は、節目の1年を迎えるサッカー界の“年男選手”に注目。1996年生まれのプレーヤーを25名、1984年生まれのプレーヤーを5名ピックアップし、それぞれ市場価値の高い順に並べてみた。

「96年組」では、マンチェスター・Cのドイツ代表FWレロイ・サネが最高評価の1億ユーロ(約122億円)をマーク。次いで、トッテナムのイングランド代表MFデレ・アリが9000万ユーロ(約110億円)、マンチェスター・Cのスペイン代表MFロドリが8000万ユーロ(約97億円)と続く。日本人最高額は、フランクフルトに所属する鎌田大地で1000万ユーロ(約12億円)だった。

 一方、「84年組」で市場価値が最も高いプレーヤーは、パリ・サンジェルマンに所属するブラジル代表DFチアゴ・シウヴァだった。ただし、評価額は600万ユーロ(約7億3000万円)でしかなく、サネの額とは約17倍の開きがある。これは実力差を示すものではなく、これからキャリアのピークを迎える選手とキャリアの終焉が近づく選手との違いと言える。ピッチ上に立てば年齢など関係なく、今年もいぶし銀の活躍に期待したい。

 以下が、2020年に“年男”となる選手たち。

※市場価値は、移籍情報サイト『transfermarkt』の1月10日時点の情報を参照
※各国で最も市場価値の高い選手を1名選出
※日本円は1月10日時点のレートで換算
※カッコ内は(生年月日/所属クラブ/ポジション)

▼1996年生まれ
<ドイツ> レロイ・サネ

(1996年1月11日/マンチェスター・C/FW)
市場価値:1億ユーロ(約122億円)

<イングランド> デレ・アリ

(1996年4月11日/トッテナム/MF)
市場価値:9000万ユーロ(約110億円)

<スペイン> ロドリ

(1996年6月22日/マンチェスター・C/MF)
市場価値:8000万ユーロ(約97億円)

<フランス> リュカ・エルナンデス

(1996年2月14日/バイエルン/DF)
市場価値:7000万ユーロ(約85億円)

<ブラジル> アルトゥール

(1996年8月12日/バルセロナ/MF)
市場価値:7000万ユーロ(約85億円)

<コロンビア> ダビンソン・サンチェス

(1996年6月12日/トッテナム/DF)
市場価値:6000万ユーロ(約73億円)

<アルゼンチン> ジオヴァニ・ロ・チェルソ

(1996年4月9日/トッテナム/MF)
市場価値:5000万ユーロ(約61億円)

<ウルグアイ> ルーカス・トレイラ

(1996年2月11日/アーセナル/MF)
市場価値:4500万ユーロ(約55億円)

<カメルーン> アンドレ・オナナ

(1996年4月2日/アヤックス/GK)
市場価値:4500万ユーロ(約55億円)

<ナイジェリア> ウィルフレッド・ディディ

(1996年12月16日/レスター/MF)
市場価値:4500万ユーロ(約55億円)

<スイス> デニス・ザカリア

(1996年11月20日/ボルシアMG/MF)
市場価値:4500万ユーロ(約55億円)

<イタリア> ロレンツォ・ペッレグリーニ

(1996年6月19日/ローマ/MF)
市場価値:4000万ユーロ(約49億円)

<トルコ> チャグラル・ソユンク

(1996年5月23日/レスター/DF)
市場価値:4000万ユーロ(約49億円)

<ポルトガル> ディオゴ・ジョッタ

(1996年12月4日/ウルヴァーハンプトン/FW)
市場価値:3500万ユーロ(約43億円)

<デンマーク> アンドレアス・クリステンセン

(1996年4月10日/チェルシー/DF)
市場価値:3000万ユーロ(約37億円)

<ウクライナ> オレクサンドル・ジンチェンコ

(1996年12月15日/マンチェスター・C/MF)