○2020年はWindowsとLinuxの年になるかも

2020年5月か6月にはWindows Terminalも正式版がリリースされるだろう。WSL(Windows Subsystem for Linux)も次のフィーチャーアップデートでWSL2の導入が予定されている。第2四半期にはWindowsでLinuxを実行するための環境がバージョンアップすることになり、2020年はWindowsにとってLinuxが躍進する年になりそうである。

そこで今回は、Windows 10で簡単に導入できるLinuxディストリビューションを簡単にまとめておこう。

MicrosoftがLinuxのサポートを推進することに疑問を感じる人もいるかもしれないが、Microsoftの戦略を踏まえると不思議なことではない。

Microsoftは収益の主軸をクラウドへ移しつつあり、Linuxのサポートを進めることは、クラウドサービスの利用を促すことにつながる。Windows 10は最も使われているデスクトップ向けのオペレーティングシステムであり、そこでLinuxを簡単に利用できれば、クラウドにおけるLinuxの利用にもつながっていくわけだ。

例えば、MicrosoftはMicrosoft SQL Serverというデータベースを提供しているが、このデータベースはすでにLinuxで動作するようになっている。Windows Serverで動作させているMicrosoft SQL Serverを、将来的にはMicrosoft Azureで動作するLinuxに移行させるというのは悪くない話だ。Microsoftとしてはクラウドサービスが利用されるし、Microsoft SQL Serverも継続して利用してもらえる。MicrosoftにとってLinuxのサポートを推進することは現在の戦略と一致している。

○Ubuntu

Windows 10でLinuxを利用する場合、最もオフィシャルなディストリビューションがUbuntuだ。Ubuntuを開発しているCanonicalとMicrosoftは協力関係を築いており、CanonicalからWSL向けのオフィシャルなUbuntuが提供されている。そして今後も提供が続くことが予測されている。

Ubuntuはデスクトップ向けのLinuxディストリビューションとしても、Webサーバ向けのディストリビューションとしても、日本で広く普及している。特にこだわりがなければUbuntuをインストールしておけばよいだろう。

本稿執筆時点では、以下の3つのUbuntuがMicrosoft Storeに用意されている。

Ubuntu 18.04 LTS

Ubuntu 16.04 LTS

Ubuntu

Ubuntuは最新のLTSがインストールされるので、本稿執筆時点のUbuntuはUbuntu 18.04 LTSと同じだ。2020年4月にはUbuntu 20.04 LTSが新しく追加されるはずで、UbuntuはUbuntu 20.04 LTSのインストールに変わると見られる。

Ubuntu 18.04 LTS on Microsoft Store

Ubuntu 16.04 LTS on Microsoft Store

Ubuntu on Microsoft Store

今インストールするならUbuntu 18.04 LTS、2020年5月以降ならUbuntu 20.04 LTSをインストールしておけばよいだろう。それぞれが別のアプリケーションとして処理されるので、ディスク容量に余裕があるならそれぞれインストールしておいてもよいだろう。

○Kali Linux

Windows 10で便利なディストリビューションがKali Linuxだ。Kali Linuxはセキュリティツールの使用などに主眼を置いたLinuxディストリビューションであり、いろいろなセキュリティツールが用意されており便利だ。Microsoft Store経由ですぐにインストールが完了し、Kali Linuxを普通にインストールするよりも簡単だ。

Kali Linux on Microsoft Store

Kali Linuxプロジェクトは先日、デフォルトユーザーとして使ってきたrootを廃止し、kaliというユーザを使用すると発表しているが、WSLで動作するKali Linuxにはあまり関係ないかもしれない。WSLで動作するKali Linuxはインストール後の最初の起動時にユーザー名とパスワードを設定する仕組みになっており、すでに似たような状態になっている。

Kali LinuxはそもそもUbuntuのように日常的に使用するタイプのLinuxディストリビューションではないし、Kali Linuxプロジェクトもそのような認識で開発している。WSLで利用するのはKali Linuxの趣旨に沿った使い方と言える。

○Debian

ユーザーに人気が高いLinuxディストリビューションにDebianがある。Microsoft StoreにはDebianも登録されている。

Debian on Microsoft Store

UbuntuやCentOSは使ったことがあるがDebianは使ったことがないという場合、WSLで使ってみるのも1つの手だろう。

○SUSE

Microsoft StoreにはSUSEも導入されている。SUSE系は日本ではあまり使われていないが、欧州では人気の高いLinuxディストリビューションだ。本稿執筆時点で、次のバージョンが登録されている。

SUSE Linux Enterprise Server 15 SP1

SUSE Linux Enterprise Server 15

SUSE Linux Enterprise Server 12

openSUSE-Leap-15-1

SUSE Linux Enterprise Server 15 SP1 on Microsoft Store

SUSE Linux Enterprise Server 15 on Microsoft Store

SUSE Linux Enterprise Server 12 on Microsoft Store

openSUSE-Leap-15-1 on Microsoft Store

SUSE系はUbuntuやDebianとは管理向けコマンド系が大きく異なるので、興味がある場合は試してみるとよいだろう。

○Red Hat Enterprise Linux / CentOS

有償製品である「Red Hat Enterprise Linux(RHEL)」やRHELと完全互換を目指しているオープンソースのCentOSは、Microsoft Storeに登録されていない。Red Hatの戦略を考えると、RHELのWSL版をリリースすることはあまり意味がない。Red Hatはプライベートクラウドやハイブリッドクラウドの基盤としてRed Hat Enterprise Linuxを用いることを戦略としているからだ。

CentOSがMicrosoft Storeに登録されるとかなり便利だが、その開発はRed Hatが支援していることから、CentOSもMicrosoft Storeに登録される可能性はかなり低いと見られる。

○その他のLinuxディストリビューション

Microsoft Storeには上記以外のLinuxディストリビューションも登録されているが、それらは有償だったり、プロジェクトから提供されているオフィシャルなディストリビューションではないものだったりする。その辺りを理解してから、利用してもらえればと思う。

何はともあれ、Windows 10で簡単にLinuxが導入できるというのは便利だ。使ったことがないなら一度は試してみていただきたい。