名古屋で3年目を迎える元ブラジル代表のジョー。昨季の不振から復活なるか。写真;田中研治

写真拡大

 名古屋に加入した1年目に24ゴールを奪い、J1得点王に輝いた元ブラジル代表FWのジョーは、昨季はその4分の1、わずか6ゴールと、大不振に陥った。春先に負った足首の怪我が尾を引いたことが大きな理由ではあったものの、彼が復活を果たせるのか。クラブが目標に掲げる「タイトル獲得」の最大のポイントはそこだろう。

 1月12日にチームとともに始動し、13日には新体制発表会にも登場したジョーは、オフでしっかり休養を取り、新シーズンへのエネルギーを蓄えてきたという。

「すべての意味で0からスタートしていきたいと思っています。そういう想いでオフを過ごしてきました。去年は苦しい年になり、重い怪我をしたなかで、まずメンタル的に休みたかったというのがありました。ここからしっかり準備していきたいです」
 繰り返し口にしたのが「0からのスタート」という言葉だ。昨季の悔しさを噛みしめつつ、まずはすべてをリセットして、真っ白な状態で新たな1年へ臨む。リベンジへのシナリオは自らの中で描けているのだろう。

「第1目標は優勝」

 目指すべきゴールを語る口調も力強く、「そのためのゴールを決めたい」と笑顔を見せる。一歩ずつコンディションを上げていく――。プレーシーズンそして開幕戦で、このストライカーがどんな姿を見せてくれるのか楽しみだ。

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【名古屋 新体制PHOTO】スローガンはAll for NAGOYA 〜進化〜。阿部、稲垣、山粼ら新加入選手も加わり名古屋“ファミリー”と共に優勝を目指す!!