前澤友作氏。月旅行に同行するパートナーを募集している/Luc Castel/Getty Images

香港(CNN Business)米宇宙企業スペースXの月周回旅行に一番乗りで参加する予定の日本人実業家、前澤友作氏が、「人生のパートナー」として旅に同行する女性を募集している。

前澤氏は昨年、自ら創業した衣料品通販サイト大手「ZOZOTOWN」の社長を退任。交際していた女性との破局も伝えられていた。

9日に専用ウェブサイトで「寂しさと虚しさ」が込み上げると心境を語り、「一人の女性を愛し続ける」ことに向き合いたいと表明。「人生のパートナー」を見つけて、一緒に「宇宙から愛を叫びたい、世界平和を叫びたい」と訴えた。

応募条件としては「20歳以上の独身女性」という項目に加え、明るく前向きな性格、宇宙旅行や世界平和への関心などを挙げている。

希望者は身長や職業、趣味、特技、アピールポイント、前澤氏の印象などをフォームに書き込み、写真を添えて応募する。締め切りは17日。3月末に同氏が最終決定を下す予定だ。

この企画はインターネットテレビ「Abema(アベマ)TV」のドキュメンタリーとして配信される。

前澤氏の月旅行は2023年に実現する見通し。同氏は18年、芸術家6〜8人を招いて搭乗してもらうと発表していた。

同氏は昨年と今年の年明け、ツイッターのフォロワーに抽せんで「お年玉」を贈る企画でも話題を呼んだ。