タール火山の噴火後、灰と雨水に覆われた車両=フィリピン・タリサイ/Ezra Acayan/Getty Images

フィリピン・マニラ(CNN)フィリピンの首都マニラ近郊の火山噴火で、当局が周辺の住民およそ100万人に対して「完全避難」を呼びかけた。

噴火したのは首都マニラから約60キロ南にあるルソン島のタール火山。12日には噴煙が14キロの高さに達し、フィリピン火山地震研究所は数時間から数日のうちに爆発的噴火が起きる恐れもあると予想、警戒レベルを5段階で上から2番目に高い「4」に引き上げた。

13日に撮影された画像には、火口から溶岩が噴出し始める様子が写っており、上空は厚い噴煙に覆われている。

国連人道問題調整事務所(OCHA)によると、タール火山から半径14キロ以内の危険区域には約45万9000人が居住する。危険区域を半径17キロ以内に広げると、住民は93万人を超える。

フィリピン火山地震研究所は、半径17キロ以内の住民に対して完全避難を呼びかけた。

当局が設置した避難所には13日の時点で1万6400人あまりが身を寄せているほか、家族や親類のもとに避難した住民も多数に上る。

軍は車両20台と人員120人を派遣して対応を支援、国防長官は避難支援のためにヘリコプターを待機させると表明した。近隣の住民に対しては、自宅を離れることをためらわずに避難するよう促している。

火山の近くにある湖では火山性の津波が発生する恐れもあるほか、溶岩流や火砕流が集落付近を襲う可能性もある。噴火に伴う有毒ガスが放出される可能性も指摘されている。

12日には火山灰がマニラ北郊のケソン市まで到達し、首都の国際空港では全便の運航が一時的に停止された。