新成人を迎えた大谷凜香(左)と紺野彩夏(右)

写真拡大 (全5枚)


新成人を迎えた大谷凜香(左)と紺野彩夏(右)

昨年、『仮面ライダージオウ』(テレビ朝日)の出演で話題になった紺野彩夏(こんの・あやか)と、ホラー映画『犬鳴村』の公開が控える大谷凜香(おおたに・りんか)、今まさに女優としての活躍の幅を広げるふたりが9日、令和初の成人式を前に20歳の晴れ着撮影会を行なった。

この日、紺野は自身の成人式で着るために選んだ赤い着物で登場。「20代全体の目標として今、英語、韓国語と語学の勉強を頑張っている」という紺野は、栗山千明を憧れの先輩に挙げ、「アジア圏でも活躍できる女優になれるような20代を過ごしたいと思っています」と胸の内を明かした。


ピカチュウをイメージした大谷は、ネイルも赤にする徹底ぶり。「七五三の着物が水色で違う色を」と赤を選んだ紺野は「上は明るめ、下はシックなのでちょうど大人と子供の狭間の自分にぴったり」とお気に入り

一方、『ポケモンの家あつまる?』(テレビ東京)にレギュラー出演している大谷は、黄色い振袖に黒の帯を合わせた"ピカチュウコーデ"をお披露目。新成人の目標として「まだ車の免許を持っていないので、取りにいきたいです。お仕事では、去年一年間、たくさんの人とお会いさせていただく機会があったので、ずっと応援してくださっている方を含めて恩返しできるような仕事がしたいです」とコメントした。

20歳になって最初にやったことを聞かれたふたりだったが、大谷は「(当日は)スタッフさんたちとカウントダウンをしてお酒を一杯飲んでみようという話になっていたのですが、聞いたことのないハッピーバースデイで(お店の)BGMだと思ったから、お祝いしてもらっているって気づかなかったんです」と残念エピソードを告白。


「炭酸が苦手でいつ泡を飲み込めば良いかわからなかった」と初めてビールを飲んだことを振り返った大谷

1年前から誕生日に友人とお酒を飲む約束をしていた紺野も、「次の日がお仕事だったので友達の家へは行けず、家でひとりで餃子を食べながらお酒を飲みました(笑)。なんか、サラリーマンの休日みたいな」と、少し寂しい20歳の瞬間だったことを明かした。

そんなふたりだが、紺野はマンガ『和太鼓†ガールズ』が原作の映画『叩き壊すほどに君へ』(久保田紗友とのダブル主演)に、大谷は『呪怨』などで知られる清水崇が監督を務めるホラー映画『犬鳴村』に出演と、新成人になった2020年は既に仕事モード全開だ。


大谷から「彩夏ちゃんは真顔で、突拍子もないおもしろいことを言う」と暴露された紺野

「恋愛」の話題になると、紺野は「優先順位は下」であるとしながら、「私は友達と話をしていると、いろいろと端折(はしょ)って話してしまうんですよ。伝えたいことだけを話すので、前と後ろがほぼない状態。友達はそれでもわかってくれるので、そういう人がいいです」と回答。

一方の大谷は「しなくてもいい、恋愛を」と興味がないどころか、昨夏にいとこが生まれたばかりで、「この年になると、自分の子供みたいな感じなんですよ」と告白。「着替えさせたり、髪乾かしてあげたり。それだけでも大変さってあるわけですよ。それでなんか子育てに満足しちゃった(笑)」と明かし、周囲を驚かせた。

取材・文・撮影/小山田滝音