サッカーにおける良し悪しを、すべて結果で判断することには反対だ。勝ち負けのみで監督続投か否かを論じることも同様。結果に対して運が3割ほど影響を及ぼすと言われるサッカーにおいて、それはナンセンスだ。まさかの勝利があるのと同じように、まさかの敗戦も存在する。

 アジアU‐23選手権におけるサウジアラビア戦、シリア戦もその部類に入るだろう。日本に運がもう少しあれば勝てたかもしれない試合だった。しかしいずれも、内容は抜群によかったけれど不運に泣いた試合ではない。内容も悪かったし、今後に可能性を見出すこともできない敗戦だった。このまま先に進むことは危険だとばかりに、不運という要素を投下し、日本サッカーのあるべき姿を明示することにしたサッカーの神に、むしろ感謝したくなる気持ちでいっぱいだ。


シリアに2−1で敗れ、グループリーグ敗退が決まったU‐23日本代表

「相手のカウンターを止める。最後の時間帯で苦しくなったとき、しっかりしのぐということは試合前から言っていたこと。勝負勘というものを若い選手に培ってほしい」

 シリアに2−1で敗れた後、インタビューにそう答えていた森保一監督だが、その言葉を向けたくなるのは森保監督自身だ。勝負勘を培うべきは、若い選手ではなく51歳の監督である。

 サウジアラビア戦後、筆者は「見られているのは選手というより監督。選手のミスを残念がるのではなく、自分の立場を心配した方がいい」と記したが、シリアにまさかの敗戦を喫しても、残念ながら監督に、その意識は芽生えていなかった。

 サウジアラビア戦で森保監督が行なった2人目、3人目の交代はロスタイムにズレ込んだ。遅すぎる交代であることは誰の目にも明白だった。布陣も変更しなかった。守備的な3バック(3−4−2−1)を敷いている強者が、同点のまま後半なかばを迎えれば、バックの枚数を減らし、4−2−3−1などの4バックに転じるのが常道だ。

「3バックも4バックもできるようにシミュレーションしています。ディフェンスと中盤、中盤とサイド、ディフェンスとサイド、シャドーや攻撃的な中盤もできる、1つのポジションだけではなく複数のポジションができる選手が揃っていると思いますので、そうした可能性を探りながら準備したいと思います」

 これは森保監督が、E−1選手権(昨年12月)のメンバー発表記者会見の席上で述べた言葉だが、選手にユーティリティ性を求めながら、実際にこの大会で、日本が戦術的な交代をしたのは1回だけだった。布陣も変えなかった。さらに言えば、初戦の中国戦、香港戦では交代枠もフルに使うことができなかった。

 選手に求めることに、自分がついていくことができない皮肉な状況に陥っていた。実際にはもっと前から、そうした傾向は見えていたが、今回のアジアU‐23選手権でも、森保監督は同じ姿をさらすことになった。五輪本大会やW杯で期待が持てそうもないことは、もはや明白になっている。

 シリア戦。負ければグループリーグ敗退なのだから、サウジアラビア戦より状況はもっと切羽詰まっていた。さすがにバックの枚数を削り、攻撃的な4バックに切り替えるだろうと思いきや、最後まで守備的な3バック(3−4−2−1)で戦った。

 正確には終盤、バックの枚数を削った。終盤、長身のDF立田悠悟(清水エスパルス)をゴール前に残して戦ったが、明確な変更はこれのみ。選手に求める「複数ポジションをこなす力」の実態がこれだとすれば、情けない。最後の時間帯の勝負勘を培ってほしいと選手によく言えたものだ。

 とはいえ、これまでの森保采配を振り返れば、それが特段、驚くべき出来事だったかと言えばノーだ。その監督力は、就任した瞬間から危惧されていた。試合をこなすごとに決定的になっていったという感じだ。

 サッカーの中身はもちろんだが、日本語できちんと説明できない点になにより物足りなさを覚えた。原理原則、連係連動、臨機応変……。出てくるのは抽象的な言葉ばかり。サッカー好きの心に響くことは、これまでひと言も発していないと断言したくなる。サッカー監督に不可欠とされる言語能力に欠けることが最大の不安要素だった。

 田嶋幸三サッカー協会会長は、日本人監督として断トツの実績を残した点を代表監督に推した理由に挙げた。しかし森保監督がサンフレッチェ広島で実践したサッカーは、少なくとも西野ジャパンがロシアW杯で披露したスタイルとは違っていた。そして、その西野ジャパンのサッカーを「ああいうサッカーが日本には合っている」と田嶋会長は述べている。氏がハリルホジッチを解任した理由も「ああいう」サッカーではなかったからだろう。森保式3バックサッカーも「ああいう」サッカーとは一線を画している。

『言語技術が日本のサッカーを変える』(光文社新書)という著書がある田嶋会長だが、そのタイトルに従えば、「ああいうサッカー」という説明では、日本のサッカーは変わらない。むしろ悪くなっていく。森保サッカーはその産物と言うべきだろう。

 従来路線を踏襲したくてハリルホジッチを解任したのではなかったのか。西野サッカーは従来路線の範疇に十分収まるサッカーだった。その前のアギーレジャパンしかり。従来路線のド真ん中を行くサッカーをしていた。「従来路線」のスタートは、その前のザックジャパンになる。ブラジルW杯本番では結果を残せなかったが、アルベルト・ザッケローニ監督は、協会があるコンセプトに基づいて招聘した初めての監督だった。

 協会はこれまで、攻撃的サッカーという従来のコンセプトを変更したという説明をしたことはない。だが、それを田嶋会長は「ああいうサッカー」と呼んだ。危うさを覚えずにはいられなかったが、それは森保監督の就任で決定的なものになった。

 従来のコンセプト外のサッカーをする森保ジャパンのサッカーは、言語不明瞭が生んだ産物と言っていい。森保監督の言葉が不明瞭になるのも当然かもしれない。自らのサッカーについて語らないのは、そのあたりを曖昧にしておきたいからだ。守備的な3−4−2−1を敷きながら、攻撃的サッカーっぽいことをしている。この矛盾が日本のサッカーの病状を悪化させている主因である。

 監督交代を叫びたいところだが、その前にサッカー協会は、日本サッカーが目指すコンセプトをいま一度、明快な日本語で示すべきだと言いたくなる。「言語技術が日本サッカーを変える」。おっしゃるとおりだと思う。その筆者が森保兼任監督を誕生させた。田嶋会長には大きな任命責任がある。信頼回復のためには、明確なコンセプトを示し、それにふさわしい監督を招聘するしか道はない。