佳子さま

写真拡大

 令和初となる1月2日の新年一般参賀に、爽やかなミントグリーンのドレス姿で現れた秋篠宮家の次女・佳子さま。新年一般参賀へのお出ましは、今年で5回目を数える。

 成年皇族として5年にわたり活動してこられたご経験からか、余裕が感じられる明るい表情で手を振られ、時折眞子さまと談笑する場面も見られた。

 遡ることその4日前、佳子さまは25歳のお誕生日を迎えられた。昨年は天皇陛下のご即位を祝う祝宴「饗宴の儀」へのご出席など、公の場に姿を見せる機会も多く、お誕生日に際しては宮内庁の提供映像もあり、秋篠宮邸を散策される貴重なお姿も公開されている。

【画像】まるでモデルのような美貌の佳子さま

 もっとも、今回のお誕生日を、

「どう報じたらいいのか、率直に言って困りました」

佳子さま

 と振り返るのは、大手メディアの皇室担当記者だ。

「お誕生日に関して、事前に記者会ではレクが行われました。愛子さまについては、毎年お誕生日前にどんな一年だったか、日頃どうお過ごしになられているのか事前に説明を受けるレクがあります。秋篠宮殿下が皇嗣になられたことで、今回から佳子さまも宮内庁より映像が提供され、お誕生日のレクも行われるようになったのです。佳子さまは就職も進学もされておられないので、日頃どのように過ごされているのか国民からすると見えにくいところがあります。なので、このレクが我々にとっても重要だったのですが…」(同)

 例えば、昨年7月末、秋篠宮家にお仕えする皇嗣職のトップである加地隆治皇嗣職大夫の定例レクでは、7月に4回しか公的ご活動に登場なさっていない佳子さまについて記者から質問が相次いだ。

“久々に佳子さまのご公務がありますが、普段は一体なにをなさっているのですか”“ご公務の日程がこれだけでは時間を持て余すのでは”と問われた加地大夫は、“お元気です”と繰り返すばかりで、記者陣の疑問が解消されることはなかった。

 それだけに、このお誕生日のレクには期待が寄せられていたのだが、12月25日に行われた加地大夫のレクは、記者陣の期待とは裏腹に、かなり淡泊なものだったという。

「事前に一年間を振り返った内容が書かれたペーパーが配られるのですが、“3月に大学を卒業”“9月には初の海外公式訪問としてオーストリアとハンガリーをご訪問”“全国高校生手話パフォーマンス甲子園にご出席”といったように、ただご動静が羅列されていただけでした。宮内庁のホームページで公表されているようなものばかりです。いずれもその時々ですでに報じている内容ですので、新しい情報もなく、これでは日頃のご様子がさっぱり分かりません」(同)

 別の皇室担当記者は、こう解説する。

「奇しくも、11月のお誕生日会見で秋篠宮殿下が佳子さまについて、“ライフワークになるようなものを持ってもらいたい”と言われたように、佳子さまにはご公務においてライフワークと呼べるものがないように見受けられます。そうした状況が、一年を総括する上で内容の薄さに繋がってしまっているのかもしれません。ですが、9月に鳥取で行われた手話甲子園への出席は、留学中の17年を除き毎年出席されていて、昨年で5回目になる。開会のご挨拶では見事な手話も披露されており、佳子さまの今後に繋がるご公務ではないかと思います」

 第1回の14年には、紀子さまとともに手話甲子園に出席され、佳子さまが手話を学ばれたのも紀子さまの影響だと報じられている。

「そこで、“佳子さまはこれを今後ライフワークにと考えておられるのですか”と、加地大夫に水を向けた記者もいました」(同)

 ところが、

「加地大夫は、“いや、お心を想像することになりますので…”と頑なに答えようとはしないのです。“拝察することになりますから”などと言い、紙に書かれている以上のことは決して話そうとしません」(同)

対照的な天皇家と秋篠宮家

 なぜ、加地大夫は口を噤み続けるのか。実は、秋篠宮家の“ご事情”と関係があると、皇室担当記者は指摘する。

「加地大夫の言動から、紀子さまにかなり配慮をしているように見受けられました。秋篠宮家は、かねてより“ご難場”“ブラック宮家”と呼ばれている通り、激務の職場で辞めてしまう職員も少なくありません。次代の天皇を預かっているという責任感からか、紀子さまは職員に対して厳しい物言いをされることもあるようです。加地大夫の対応の背景にあるのは、“紀子さまのお怒りを買わないように”という思いでしょう。有り体に言えば、“何か余計なことを言って紀子さまのご気分を害してはならない”と考えているのだと思います」(同)

 それとは対照的に、同じお誕生日のレクでも、天皇家ではまったく異なる雰囲気が感じられたという。

「昨年12月1日の愛子さまのお誕生日の前に行われたレクでは、事前に配られる紙にも、“文化祭では有志のグループでダンス公演にご出場”“皇室の伝統を伝える報道を熱心にご覧になられた”など、公私を問わず知られざるエピソードが多く織り込まれていました。また、紙の内容について“こうしたことに愛子さまはご興味をお持ちなのですか”と水を向けると、侍従も“そうだと拝察しております”と言うなど、答えてもらえる範囲が広いのです」(同)

 さらには、

「まだ天皇陛下が即位される前のことですが、“これはどういうことですか”と聞けば、“ちょっと聞いておきますね”と侍従長(当時は東宮大夫)が答えることもありました。皇太子殿下にお聞きする、とは明言しないものの、内容からして明らかに殿下に聞かれているのです。今の天皇家と侍従の間では、コミュニケーションがとれており、ご関係が良好なことが伝わってきます。それだけに、どうしても秋篠宮家とは差が鮮明になってしまいます」(同)

 図らずも秋篠宮家と職員との関係性が垣間見えたという佳子さまのお誕生日。ともあれ、佳子さまのお誕生日のレクは、昨年はじめて行われたもの。今年こそ佳子さまの知られざる日頃のご様子が、側近の口から明らかにされることを期待したい。

週刊新潮WEB取材班

2020年1月14日 掲載