選手権優勝の静岡学園(上)と高校女子選手権優勝の藤枝順心(下)。(C)SOCCER DIGEST

写真拡大

 第98回全国高校選手権大会の決勝が1月13日に行なわれ、静岡学園が3−2で青森山田を下し24年ぶり2度目の優勝を飾り、初の単独優勝を果たした。

 また、前日の12日には、第28回全日本高等学校女子サッカー選手権大会の決勝が、ノエビアスタジアム神戸で行なわれ、藤枝順心(静岡)が1−0で神村学園(鹿児島)を下し2大会ぶり4度目の優勝を果たした。

 女子の選手権が始まった1992年以降、男女ともに同県の高校が優勝したのはこれで3度目。

 過去には、2004年の男子・鹿児島実と女子・神村学園の鹿児島県、2010年の男子・滝川二と女子・日ノ本学園の兵庫県に続いて、9年ぶり3度目の快挙となる。

 サッカー王国と言われてきた静岡だったが、男子では静岡学園が前回に鹿児島実との両校優勝を達成した1995年以来、24年ぶりの戴冠。

 一方の女子は今大会優勝した藤枝順心がその24年の間に4度の優勝、特にここ5年では3度優勝するなどサッカー王国静岡をリードしてきた。

 今回の男女アベック優勝で、“サッカー王国”静岡の復権の礎となるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【女子選手権決勝PHOTO】藤枝順心 1−0 神村学園|藤枝順心が神村学園に競り勝ち、2大会ぶり4度目の戴冠!