J2復帰を果たした今季、新監督の下、スタートを切った。写真:伊藤寿学

写真拡大 (全2枚)

 ザスパクサツ群馬の「2020シーズン新加入会見」が1月13日に開催された。昨季J3で2位となり今季3年ぶりにJ2の舞台で戦うチームは、奥野僚右監督のもと新たなスタートを切った。

 群馬は昨季後、布啓一郎前監督が松本監督就任によって退任。それに伴いコーチ陣も入れ替えとなった。今季は、奥野監督、久藤清一ヘッドコーチ(前・福岡監督)、小島伸幸GKコーチの指導体制を組んだ。

 奥野監督は、群馬が県、関東リーグ時代の2002〜03年に選手兼監督として在籍した功労者。元日本代表の小島GKコーチは02年のチーム誕生からJ2・1年目の05年まで群馬でプレーしたOB。クラブは、チームの立ち上げに加わったクラブレジェンドをチームに戻す原点回帰で、難局へ挑む。
 
 奥野監督は「再び、このクラブに戻ってこられたことに感謝している。ファン・サポーターと一体になって喜びを分かち合いたい」と抱負を述べた。

 新加入選手は15人。注目は、昨季まで大宮でプレーしたFW大前元紀。清水、ブンデス・デュッセルドルフ、大宮でプレーし、J通算97ゴールを挙げている実績十分のマルチストライカー。18年のJ2得点王だが、昨季後に大宮を契約満了。群馬からの熱心なオファーに応じて、昇格クラブへの移籍を決断した。

 大前は「J2は簡単なリーグではないと思うが、選手の力を合わせて全力で戦っていきたい。(目標のゴール数は?)ゴール数などはいつも決めていないが、やるべきことをやれば結果はついてくるはず」と自信をみせた。さらに岩上祐三(松本から完全移籍)、宮阪政樹(松本から完全移籍)の中堅プレーヤーの他、高瀬優孝(熊本から完全移籍)、小島雅也(仙台から完全移籍)ら機動力のある選手を補充。「上昇喜流(じょうしょうきりゅう)」をスローガンに、現実目標である「勝点50、16位以上」を目指す。
 
2020年メンバーリスト ★=新加入

GK
1 清水慶記★
21 松原修平★
33 蔦 颯
37 外山佳大★

DF
2 舩津徹也
3 鈴木順也
4 岡村大八
14 平尾 壮★
23 磐瀬 剛
24 光永祐也
25 小島雅也★
32 渡辺広大
39 高瀬優孝★
46 川上優樹★

MF
6 飯野七聖
8 岩上祐三★
11 田中稔也
15 金城ジャスティン俊樹
17 山中惇希★
19 白石智之★
35 宮阪政樹★
40 内田達也★
41 中山雄登★

FW
7 加藤潤也
9 岡田翔平
10 青木翔大
18 進 昂平★
50 大前元紀★