藤田菜七子が今年初勝利! 通算101勝で見習騎手を卒業

写真拡大

 藤田菜七子が11日の中山6Rでエンドーツダ(牝4、萱野)に騎乗して優勝。今年のJRA初勝利を挙げた。

 互角のスタートから道中は好位のインでじっくり脚を溜める形。直線では前を行く2頭の間のスペースを突いて抜け出し、最後は2着ペイシャキュウに2馬身半差をつける楽勝をおさめた。

土曜中山4R新馬はバーディバーディ産駒のフリーフローがV

来週から2キロ減での騎乗

 菜七子騎手は「いつもより落ち着きがあってしっかりゲートを出てくれました。折り合いにはちょっと苦労しましたけど、外に出してからはいい脚を使ってくれました」と笑顔で振り返った。なおこれで菜七子騎手の勝ち鞍はJRA、地方合わせて101勝となり見習騎手を卒業。次週からは女性騎手に与えられる爍殴ロ減瓩里澆乃馨茲垢襪海箸砲覆襦

 これについては「2キロ減になりますが、依頼を頂けるようにしっかりと頑張っていきたいです」と気を引き締め直していた。

投稿 藤田菜七子が今年初勝利! 通算101勝で見習騎手を卒業 は 競馬ニュースなら「競馬のおはなし」 に最初に表示されました。