「パウサ」というサッカー用語がある。スペイン語で「小休止」という意味の言葉で、意図的にプレースピードを落とすことでリズムを変えたり、状況の変化を生み出すプレーのことを言う。


準決勝の帝京長岡戦で、2得点を演出した青森山田の古宿理久

 横浜FCへの加入が内定している、青森山田高校(青森県)のMF古宿理久は「パウサ」の使い手だ。

 味方がボールを持てば、すっと近寄ってパスを受け、状況がよくなったところでボールを離す。ボールを保持してタメをつくることで状況の変化を待ち、効果的なタイミングで次のプレーへと移っていく。決して目立つ仕事ではないが、攻守の切り替えが速い青森山田において、古宿の「パウサ」は貴重なアクセントになっている。

 高校サッカー選手権準決勝の帝京長岡(新潟県)戦で青森山田が奪った2ゴールは、共に古宿のプレーから始まった。前半16分、武田英寿のパスを受けた古宿は攻め急ぐことなく、右サイドバックの内田陽介へボールを渡し、すぐにサポートの位置に入る。

 フリーでリターンパスを受けた古宿には、十分な時間があった。中央へクロスを入れる素振りをしてフェイントをかけると、内田が最終ラインの裏へ抜ける時間を稼ぎ、ドンピシャのタイミングでスルーパスを送る。そして、内田のクロスから田中翔太のゴールが決まった。

「あのパスは狙いどおりでした。自分が最初、(内田の)足元につけて、もう一回パスを受けて背後に出したんですけど、相手の逆を取ったというか、自分としてはそういうプレーを得意としています」

 後半2分に松木玖生が決めたゴールも、古宿のパウサが起点になっている。右サイドの高い位置でボールを受けた古宿は、武田とのゆっくりとしたパス交換で小休止の時間を作ると、次の瞬間、DFラインの裏へ猛然とダッシュ。スルーパスを受けた古宿は中央へクロスを入れ、相手選手がクリアしたボールを松木が押し込み、2点目が生まれた。

 試合を通じて古宿が見せた、リズムの変化で相手を攻略するプレーは、誰にでもできることではない。「時間と空間を操る」ことはれっきとした能力であり、その異能を十分に発揮したプレーだった。古宿は言う。

「今年の(青森)山田はなんでもできるチーム。サイド攻撃も守備も、相手に合わせるサッカーも得意としています。自分が中心となって、チームをよい方向に導かなければいけないので、試合の流れを見ることは、意識してプレーしています」

 青森山田には、浦和レッズ加入内定の10番・武田と、今大会4点を挙げ、1年生ながら圧倒的な存在感を放つ松木という2枚看板がいる。彼らに注意を向けている間に、古宿が決定的な仕事をする。黒田剛監督から「山田の中心になってやっていけ」と言われるほど、古宿のゲームメイクには大きな期待が寄せられている。

 高校卒業後は、横浜FCへの加入が決まっている。プロ内定者としてのプライドも忘れてはいない。

「(この大会は)プロに行っても通用するレベルを持ちながら、やらないといけないと思っています。高校年代では対人プレーでは負けたくないし、運動量を持って存在感を出してやっていけば、チームがいい方向に行く。自分の調子がよければ、チームも勝てると思う」

 1年生の松木とのボランチコンビは阿吽の呼吸で、古宿、松木に武田を加えた中盤は、超高校級と言っていい。

「自分と松木が試合の中で効いていると、チームの流れがよくなるので、心臓と言えるのかなと思います。基本は松木が前に行くことが多いので、自分がセカンドボールを回収することもしますし、2点目のクロスの場面は、自分が前に行ったから、松木が下がってくれた。何も言わなくても意思疎通ができていますし、信頼関係は厚いです」

 遠征先のホテルでは、ふたりは常に同部屋。ピッチ内外で意思の疎通はバッチリだ。

「松木は僕のことを、いい意味でナメているので(笑)、私生活でもコミュニケーションがしっかりとれています。私生活とサッカーはつながっていると思っているので、会話はたくさんしています」

 松木が積極的に攻め上がり、得点に絡む姿を横目に、古宿は「ゴール前に行きたい、点を取りたい気持ちはありますけど、チームのために黒子になって、バランスを取るのが自分の仕事。点も取りたいですけど、チャンスメイクができればいい」と、フォア・ザ・チームの姿勢を崩さない。

 横浜FCジュニアユースからユースへの昇格を絶たれ、「プロになりたい、強くなりたい」という想いで、青森山田を選んだ。そして、中学卒業時に袖にされた横浜FCから再度ラブコールを受け、加入が決まった。

「強いチームに入れば、プロからも注目される。山田に入って、正解だったと思う」

 15歳時の決断を、自らの努力で正解に変えてきた。狙うは高円宮杯プレミアリーグに続く2冠。そして大会連覇である。決勝に向けて、武器は温存している。それがプレースキックだ。練習では、フリーキックを何本も決めている。

「決勝は高校年代最後の試合です。まだ1本もフリーキックを決めたことがないので、狙っていきたい。いざとなったときに決められるように、しっかりと準備しています」

 武田の華のあるプレーもいい。松木の負けん気の強いプレーもすばらしい。だが、彼らに注意を向けていると、背番号6が決定的な仕事をする。古宿のパウサとキックが、青森山田に連覇をもたらす。