2020年を迎えて、はや2週目の開催となる中央競馬。今週は、穴党にとってはうってつけの重賞レースが行なわれる。

 3歳牝馬限定のGIIIフェアリーS(1月13日/中山・芝1600m)である。

 このレースは、とにかく荒れている。過去10年の勝ち馬を見ても、1〜3番人気が6勝している一方で、ふた桁人気の馬が4勝もしているのだ。加えて、2着には6番人気以上の伏兵馬が6度も突っ込んできている。

 その結果、3連単の配当は過去10年すべてが万馬券。そのうち、2度の50万円超えを含めて、10万円以上の高配当が5度も出ている。つまり、2年に一度は、高額配当をつかむチャンスがある、ということだ。

 まさに、中央競馬からの”ビッグなお年玉”といった感のある一戦。となれば、今年も波乱が起こると踏んで、過去10年の結果を参考にして、我々に福をもたらしてくれそうな穴馬を探し出してみたい。

 まず注目したいのは、「前走で未勝利を勝ったばかりの馬」だ。

 2勝馬や、重賞・オープンで好走してきた馬に比べると、実績的に劣っているのは明らか。その分、評価も低くなるのだが、過去にはそうした馬が数多く激走を果たしている。

 たとえば、2010年のコスモネモシン(11番人気1着)、2012年のマイネエポナ(14番人気2着)、2014年のリラヴァティ(4番人気3着)、2015年のローデッド(8番人気2着)、2016年のダイワダッチェス(7番人気3着)、2017年のモリトシラユリ(7番人気3着)、2018年のプリモシーン(2番人気1着)、2019年のフィリアプーラ(3番人気1着)らがそうである。

 ふた桁人気の超大穴が2度も飛び込んできているうえ、人気馬ではあるが、ここ2年も未勝利を勝ち上がったばかりの馬が連勝を飾っている。もはや、このタイプを狙わない手はない。

 そして、今年のレースでこの条件に当てはまるのは、2頭。ウインドラブリーナとハローキャンディだ。いずれも人気薄だろうが、過去の例を踏まえれば、激走の可能性は大いにある。

 続いて、ピックアップしたいのは、「前走で新馬を勝ったばかりの馬」だ。

 未勝利を勝ったばかりの馬だけでなく、フェアリーSでは1勝馬、それもキャリア1戦の馬の活躍が目立っている。新馬を勝ったばかりの馬も、当然実績が乏しいゆえ、おおよそ人気薄となるが、こうした馬がしばしば穴をあけている。

 いい例となるのは、2013年のクラウンロゼ(10番人気1着)、同年のウキヨノカゼ(5番人気2着)、2018年のレッドベルローズ(7番人気3着)、2019年のグレイスアン(5番人気3着)である。

 とすれば、今年も新馬を勝ち上がったばかりの馬を積極的に狙っていくべきだろう。メンバーを見渡すと、ダイワクンナナ、ニシノステラ、ポレンティアの3頭がその候補となるが、ここから少し絞り込んでいきたい。

 過去の激走例に挙げた4頭について、あらためてチェックしてみると、新馬戦の舞台がすべて、東京・芝1600mだったことがわかった。また、人気馬ゆえ、過去の例から外した2010年のアプリコットフィズ(2番人気2着)も、同じく東京・芝1600mの新馬を勝っての参戦だった。


フェアリーSでの一発が期待されるダイワクンナナ

 ということで、今年も同舞台の新馬を勝ち上がってきた馬で勝負したい。合致するのは、ダイワクンナナだ。

 ダイワクンナナは、名牝ダイワスカーレットの娘。デビュー戦では2着以下に3馬身半差をつける快勝で、高い能力を示している。好勝負を演じる地力は、十分に秘めているのではないか。

 今春のクラシックへ向けた争いは、ここからいよいよ本格化していく。そういう意味では、この世代の勢力図がここから、あらためて築かれていく、ということである。 すなわち、波乱要素は十分にあり、オイシイ”初夢馬券”をゲットする好機である。その手助けをしてくれる馬が、ここに挙げた3頭の中にいるかもしれない。