DF小池裕太がC大阪に完全移籍

写真拡大

 セレッソ大阪は11日、シントトロイデン(ベルギー)から鹿島アントラーズに期限付き移籍していたDF小池裕太(23)が完全移籍で加入することを発表した。

 新潟ユース出身の小池は流通経済大在学中の2018年8月、シントトロイデンでプロキャリアをスタート。しかし、同シーズンは出場機会を得られず。昨季は、特別指定選手として所属した経験のある鹿島に期限付き移籍。J1リーグ戦14試合に出場し、1得点を挙げた。

 C大阪のクラブ公式サイトを通じ、「完全移籍で加入することになりました小池裕太です。セレッソ大阪の勝利に貢献出来るよう頑張ります。必ずタイトルを獲りましょう。応援よろしくお願いします」と挨拶している。

以下、クラブ発表プロフィール

●DF小池裕太

(こいけ・ゆうた)

■生年月日

1996年11月6日(23歳)

■出身地

栃木県

■身長/体重

170cm/64kg

■経歴

新潟ユース-流通経済大-シントトロイデン(ベルギー)-鹿島-シントトロイデン(ベルギー)

■出場歴

J1リーグ: 14試合1得点

カップ戦:5試合

天皇杯:7試合

■代表歴

ユニバーシアード日本代表