ただでさえかわいい動物が笑ったら、もう人間に敵うはずもありません。詳細は以下から。

元々アフリカの砂漠に生息する狐の一種であるフェネック。身体に比べて大きな耳がチャームポイントで、現在は世界各地でペットとして飼われだしています。
サン・テグジュペリの「星の王子さま」に登場する狐のモデルであり、日本でも某アニメを通じて知名度が大きく向上しました。
とあるお宅で飼われているフェネックのDjinnくんは、飼い主たちがテラスでコーヒータイムに同席させてもらいご満悦。飼い主の膝の上でくつろいで笑いながらぱたぱたと尻尾を振って愛想を振りまいています。

途中でコーヒーを味見したり、遊び疲れてうたた寝したりと何とも自由。でも自分のベッドに戻ったらまた元気になってしまいました。

【「笑うフェネック」が愛らし過ぎて人気に、人間のコーヒータイムに混じってご満悦】を全て見る