清水FWドウグラスが神戸へ

写真拡大

 ヴィッセル神戸は11日、清水エスパルスのFWドウグラス(32)が完全移籍で加入することを発表した。

 ブラジル人のドウグラスは2018年7月から清水でプレー。同シーズンはJ1リーグ戦15試合で11得点を挙げた。昨季は開幕前に不整脈の症状が見られ、治療のためブラジルへ一時帰国。それでも開幕後の3月に復帰すると、J1リーグ戦30試合に出場し、得点ランキング3位タイの14ゴールを記録した。J1通算では91試合で46得点をマークしている。

 神戸加入にあたり、クラブ公式サイト上で「ヴィッセル神戸のみなさん初めまして。ヴィッセル神戸の一員になれて嬉しく思いますし、神戸で幸せな時間を過ごしたいです。これからサポーターの皆さんとたくさんの嬉しい瞬間を作りたいと思います。チームの目標が達成出来るように頑張りますので、応援よろしくお願いします。一緒に戦いましょう」と挨拶した。

 また、清水のクラブ公式サイトを通じては「1年半、清水エスパルスでプレーする機会を与えてくれたクラブ関係者に、本当に感謝しています。そしてサポーターの皆さん、素晴らしい応援をいただき、心から感謝しています。素晴らしい瞬間がたくさんありましたが、これからは違う道に進んで、新しいチャレンジをしたいと思います。これまでの1年半、心からありがとうございました」と感謝の思いを伝えている。

以下、クラブ発表プロフィール

●FWドウグラス

(DOUGLAS)

■生年月日

1987年12月30日(32歳)

■出身地

ブラジル

■身長/体重

184cm/80kg

■経歴

モト・クラブ-マドゥレイラ-フィゲレンセ-徳島-京都-徳島-広島-徳島-アルアイン(UAE)-アランヤスポル(トルコ)-清水

■出場歴

J1リーグ:91試合46得点

J2リーグ:109試合29得点

カップ戦:7試合3得点

天皇杯:11試合4得点

ACL:16試合5得点

■個人タイトル

Jリーグベストイレブン(2015)