2019年10月のブラジル遠征では、そこまでの存在感を示せたわけではなかった。

 6月のトゥーロン国際大会で初めてU−22日本代表(東京五輪代表)に選ばれ、この時が2度目の招集。「代表に入ってもやれると感じているので、自分の持ち味をしっかり出して生き残っていきたいと思います」と、言葉にも初々しさが感じられた。


サウジアラビア戦できらりと光るプレーを見せた田中駿汰

 それから約3カ月--。U−23アジア選手権の初戦、サウジアラビア戦に先発した田中駿汰(大阪体育大→北海道コンサドーレ札幌)のプレーは、自信に満ちていた。

 ディフェンスラインからボールをスムーズに受け取ると、さっと前を向いて間髪入れずにボールを散らす。ボランチでコンビを組んだ田中碧(川崎フロンターレ)と程よい距離を保ちながらボールを動かし、「ここしかない」というタイミングで縦パスをスパンと入れる。

 橋岡大樹(浦和レッズ)からの横パスをダイレクトで旗手怜央(順天堂大→川崎フロンターレ)、小川航基(ジュビロ磐田)に通した26分、37分のシーンは、その真骨頂だ。

 183cmの長身もあいまって、プレースタイルは「エレガント」という言葉がしっくり来る。

 もっとも、目立ったのはプレーだけではない。ミックスゾーンでの言葉もきらりと光った。

「自分のプレーは出せたほうだと思いますけど、もっと中心になってやっていかないといけない、っていう自覚があります」

 このチームに招集されたのは、前述したトゥーロン国際とブラジル遠征、そして11月のコロンビア戦に続き、まだ4回目。ブラジル遠征の際には「(代表に)慣れてきましたね」と語っていたところだったのに、この変わりようは、どうしたことか--。

「一番は(12月の)E−1選手権でA代表に入ったことですね。A代表の選手たちとやって、できる自信を掴んだ。(出場した)香港戦でもそうですけど、練習のポゼッションのところで自分の技術が通用したし、守備の部分でも負けていなかった。

 それに、E−1のメンバーの半分くらいがオリンピックメンバー(東京五輪世代)だった。このメンバーが(東京五輪世代では)中心になってやっていかないといけないと思うので、自覚というか、責任感が芽生えたんです」

 2カ月前のコロンビア戦でもスタメンに抜擢されたが、チームが全体的に不出来だったこともあり、田中駿汰はまるで持ち味を出せなかった。

「コロンビア戦ではプレッシャーがあるなか、全然ボールを受けられなかった。だから今日(サウジアラビア戦)は勇気を持って(パスを)受けに行こうと。受けに行くことでシャドーが空いたりするので、常に顔を出すつもりでいました。その意識の差や(コンビを組んだ)ボランチとの関係性(がコロンビア戦よりよかった理由)ですかね」

 そのコロンビア戦では、すでにA代表の常連となっている堂安律(PSV)が初めて東京五輪代表に招集された。田中駿汰にとって堂安は、ガンバ大阪ジュニアユース時代のひとつ後輩にあたる。その堂安がこんなことを言っていた。

「本当にあの人(田中駿汰)を見ていると、サッカー選手はどうなるかわからないなと。となりに市丸瑞希(G大阪)君がいて、という状況を見ていたなかで、彼が今ここにいるので新しい刺激をもらっているし、本当にリスペクトしています」

 サッカー選手はどうなるかわからない--。G大阪ジュニアユース時代、チームの中心にいたのは、同級生で年代別代表の市丸瑞希や郄木彰人(松本山雅FC)、初瀬亮(ヴィッセル神戸)やひとつ下の堂安だった。田中駿汰もレギュラーだったが、メインキャストだったわけではない。

「中学3年の時は瑞希とボランチを組んでいたんですけど、僕はただとなりにおるっていう感じで、瑞希にほぼ任せていました。瑞希のことは尊敬していたし、瑞希に対してライバル心を持っていたから、やってこられたと思います」

 その後、市丸や郄木、初瀬、堂安らがG大阪ユースで活躍し、トップチームに昇格していくのを尻目に、田中駿汰は履正社高、大阪体育大学に進み、技術を磨いてきた。

「上がれないって言われて悔しかったですけど、そこは切り替えて、そんなに落ち込まずにやれました。僕が大学に入った時には、彼らはプロでやっていた。その嫉妬心ではないけど、うらやましさはあった。でも、いつかは絶対に同じピッチでやれるように、とは考えていた。それが続けて来られた理由かなと思います」

 高校時代には攻撃力を伸ばし、大学時代には守備力を身に着けた。

「中学時代は身長が低かったので、真ん中で(ボールを)散らす感じだったんですけど、高校時代に身長が伸び、前に出ていくダイナミックさを身に着けました。攻撃面で成長できました。

 大体大は対人を重視するチームで、自分に足りないものを身につけるために選びました。大学で守備力が付いて、後ろ(DF)も任せられるようになって、ボランチとしての幅が広がりましたね」

 こうしてボールをさばき、刈り取れるセントラルMFへと成長し、2019年6月から東京五輪代表に名を連ねるようになったのだ。

 新シーズンから「ミシャ」ことミハイロ・ペトロヴィッチ監督の率いる北海道コンサドーレ札幌に加入することが決まっている。鋭い縦パスを入れ、ボランチだけでなく3バックの一角として攻撃の起点になれる田中駿汰は、”ミシャ式”の新戦力として打って付けの存在だろう。

「ミシャさんの戦術を早く理解して開幕スタメンを狙っていきたい。コンサで出られなければ、オリンピックはないと思っているので、まずはしっかりコンサで試合に出ることを意識してやっていきたいですね」

 だが今は、もちろん、U−23アジア選手権を勝ち抜くことに集中している。

「サウジアラビア戦ではシャドーをうまく生かすことはできたけど、ウイングを生かしてもっとサイド攻撃がしたかった。そこは次への課題ですね。周りには特長を持った選手が多いので、彼らを生かしつつ、自分のよさを出してきたいと思っています」

 G大阪ユースに昇格できず、高校、大学で力をつけてたどり着いた年代別代表とプロの世界。「遠回りしたけれど、遠回りしてよかった」と言う現代的なセントラルMFは、自分の可能性を信じ、東京オリンピックメンバー入りの狭き門をこじ開けるつもりだ。