ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 年が明けて、中央競馬もはや2週目。今週は、土曜、日曜、月曜日の3日間開催となります。

 重賞は、1月12日に行なわれるGIIIシンザン記念(京都・芝1600m)と、1月13日に行なわれるGIIIフェアリーS(中山・芝1600m)と、ふたレース組まれています。ともに3歳馬の重賞となりますが、クラシック戦線における重要性という意味では、シンザン記念のほうを注視すべきでしょう。

 シンザン記念では過去、ジェンティルドンナ(2012年)とアーモンドアイ(2018年)がここを勝って、その後に”牝馬三冠(桜花賞、オークス、秋華賞)”を達成しました。そのほか、2011年に3着と奮闘したマルセリーナ、2016年に2着と好走したジュエラーも、のちに桜花賞を制覇。近年、牝馬にとっては重要な、”クラシックへの登竜門”といった意味合いが強くなっています。

 そして今年も、牝馬クラシックを狙えるレベルにある強い牝馬が2頭出走。人気の中心になりそうです。

 その2頭とは、サンクテュエール(牝3歳)とルーツドール(牝3歳)。やはり、まずはこの2頭に注目すべきでしょう。

 サンクテュエールは、美浦の藤沢和雄厩舎が送り込む素質馬。前走のGIIIアルテミスS(2019年10月26日/東京・芝1600m)では、リアアメリアの2着。すでに重賞での好走歴があることは、強調材料になります。

 リアアメリアがのちのGI阪神ジュベナイルフィリーズ(2019年12月8日/阪神・芝1600m)で大敗を喫したことで、アルテミスSのレースレベルを疑問視する声も上がっているようですが、阪神JFにおけるリアアメリアの敗戦は、馬場の傾向や同馬の気性面などに敗因があったように思います。リアアメリアが今年初戦で巻き返す可能性は大いにありますから、アルテミスSにおけるサンクテュエールのレースぶりは十分評価していいのではないでしょうか。

 鞍上を務めるのは、クリストフ・ルメール騎手。年末年始は例年どおり日本を離れ、今年も金杯が開催された第1週は不在でしたが、存分にリフレッシュして今週から復帰します。

 前半に騎乗停止を繰り返して出遅れた2019年も、終わってみれば、2位の川田将雅騎手に10勝以上の差をつけてリーディングを獲得。今年も、短期免許で来日するであろうクリストフ・スミヨン、ダミアン・レーン級の名手を除けば、中央競馬で最も信頼できるジョッキーと言えます。今年最初の重賞騎乗で、いきなり結果を出してもおかしくありません。

 振り返れば、アーモンドアイのシンザン記念は、騎乗停止中だったため、ルメール騎手が唯一乗れなかったレースでしたね。今年のサンクテュエールでは、クラシック本番まで乗り替わることなく、進めていきたいのではないでしょうか。

 一方、ルーツドールは、栗東の藤岡健一厩舎の管理馬です。藤岡厩舎と言えば、2016年にジュエラー(2着)で、2018年にもツヅミモン(2着)で結果を残しています。これぞ、と見込んだ牝馬には、あえて牡馬混合重賞のシンザン記念にチャレンジさせているようですね。

 ルーツドールも、同様の評価なのでしょう。実際、新馬を勝ち上がったばかりで1戦1勝というキャリアですが、その初戦のパフォーマンスが圧巻でした。

 東京に遠征し、芝のマイル戦に出走。2番手追走から直線で楽々と抜け出して、後続に5馬身差をつけて圧勝しました。完全に抜け出したあと、教育するような意味合いで2発のムチを入れただけ……そんな競馬に見えました。それでいて、1分33秒3という破格の時計をマークし、まだまだ余力がありそうな雰囲気を感じました。

 血統的にも、GI2勝のフィエールマンの半妹ということで筋が通っています。今回は、コースと相手のレベルが変わって、試金石といった一戦になりますが、もしかすると、アーモンドアイやジェンティルドンナ級の超大物かもしれない――そんな期待を、個人的には抱いています。

 ということで、今年はこの牝馬2頭がそれぞれどんな走りを見せてくるのか、非常に楽しみにしています。いずれにしても、好走すれば、その後の将来が大きく開けることになりますし、もしワンツー決着ということになれば、今年のGI桜花賞(阪神・芝1600m)は、この2頭がそのまま主役を張る、といった流れになるかもしれませんね。


シンザン記念での激走が期待されるプリンスリターン

 さて、この強い牝馬2頭の参戦によって、GI朝日杯フューチュリティS(2019年12月15日/阪神・芝1600m)で健闘した2頭が、意外にも人気の盲点になっているような気がします。桜花賞に向けては、有望牝馬の走りに注目ですが、馬券的には、朝日杯FS組の2頭、4着タガノビューティー(牡3歳)と5着プリンスリターン(牡3歳)に妙味を感じています。

 とくに気になるのは、プリンスリターン。同馬を今回の「ヒモ穴馬」に取り上げたいと思います。

 プリンスターンについては、朝日杯FSの際にも「ヒモ穴馬」に指名させていただきました。鞍上がGI初騎乗の原田和真騎手だったこと、さらに距離経験がなかったこと、休み明けだったことなどが嫌われてか、単勝347.1倍の15番人気と、想像以上に人気がありませんした。それでも、レースでは何度かスムーズさを欠きながらも、5着と善戦。馬券的には痛恨の着順ではありますが、「やれる」と思っていたとおりの走りは見せてくれました。

 にもかかわらず、今回も引き続き「ヒモ穴馬」という扱いにとどめることにしたのは、自信を持って「勝ち負けになる」と薦めるには、少し頼りない部分があると感じているからなんです。

 朝日杯FSも、今までと違う差す競馬になったこと、4コーナーと直線で不利があったことを踏まえれば、立派な内容でした。ですから、こうした状況で、自分から勝ちにいく形での5着だったのなら、十分に評価できます。今回は”打倒・牝馬2頭”の有力候補に挙げていたでしょう。

 しかし、5着という結果も、大勢が決着してからのもの。いつの間にか突っ込んできて、5着に上がってきたという印象でした。そうなると、ここでも”勝ち負け”までは推せません。

 ともあれ、牝馬2頭に続く3着争い、あわよくば一角崩しの期待は持てます。 これまでに挙げた2勝は、どちらも2番手からの抜け出しでした。原田騎手には今回、積極的な競馬をしてくれることを願っています。