21_21 DESIGN SIGHTで「機械じかけの生命」展、“修復”により蘇る懐中時計や機械式人形

写真拡大

パルミジャーニ・フルリエ(PARMIGIANI FLEURIER)は、東京・六本木の21_21 DESIGN SIGHTにて2020年3月26日(木)から開催予定だった、モーリス・サンドコレクション特別展覧会「Mechanical Wonders|機械じかけの生命」(メカニカル ワンダーズ|機械じかけの生命)を延期。なお、正式開催日は追って発表となる。

「メカニカル ワンダーズ|機械じかけの生命」は、スイスの時計ブランド・パルミジャーニ・フルリエの創設者であるミシェル・パルミジャーニが修復を手掛けた、時計や機械式人形“オートマタ”を紹介する展覧会。

ぜんまいを動力源とする時計やオートマタは、時間を経るとともに風化し錆びつき、やがて動かぬものとなる。パルミジャーニは、あくまで作者の意図を尊重し、製作当時の素材や技法を使用することで、過去の作品へと再び息吹を吹き込むのだ。

本展では、19世紀末にスイス人のモーリス=イブ・サンドが集め、のちにパルミジャーニが修復した機械式作品のコレクションを日本で初公開。優美な彫刻を施した扇窓の時計、針が伸縮する楕円型時計、あるいは白ねずみやかえるといった精巧なオートマタを展示し、機械の裏側や修復のプロセスへと光をあてる。

【展覧会概要】
パルミジャーニ・フルリエ主催
モーリス・サンドコレクション特別展覧会「メカニカル ワンダーズ|機械じかけの生命」
会期:新型コロナウイルスの影響で開催延期。正式開催日程は後日発表となる。
会場:21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー3
住所:東京都港区赤坂9-7-6 (東京ミッドタウン)
料金:入場無料
開館時間:10:00〜19:00


[写真付きで読む]21_21 DESIGN SIGHTで「機械じかけの生命」展、“修復”により蘇る懐中時計や機械式人形

外部サイト

  • サントリー美術館「ART in LIFE, LIFE and BEAUTY」展、生活を彩る屏風や装い
  • 「トランスレーションズ展」21_21 DESIGN SIGHTで、意思疎通を図る言葉の不思議に焦点
  • 特別展「北斎/HOKUSAI 2020」六本木で、《冨嶽三十六景》全点など実物×没入型デジタル展示