『パラサイト 半地下の家族』

写真拡大

ポン・ジュノ監督の最新作『パラサイト 半地下の家族』のドラマ化企画が進行していると、米メディア・The Hollywood Reporterをはじめ各媒体が伝えている(外部リンク)。

【韓国ブラックコメディ『パラサイト』ドラマ化 米HBOがNetflixとの競争に勝利かの画像・動画をすべて見る】

第72回カンヌ国際映画祭で最高賞となるパルムドールに輝き、第77回ゴールデングローブ賞では外国語映画賞を受賞した同作。

報道によると『ゲーム・オブ・スローンズ』や『チェルノブイリ』などを手がけてきた、米ケーブル放送局HBOによるドラマ化が有力視されている。

韓国発のブラック・コメディが世界を席巻『パラサイト 半地下の家族』




『パラサイト 半地下の家族』はタイトルの通り、地上と地下の中間にある“半地下”に暮らすキム一家を取り巻く物語。

貧しいキム一家が裕福なパク一家と出会い、思わぬ事態に巻き込まれていく様子を描いている。

劇中で経済格差、学歴社会、雇用問題など世界共通の問題を扱いつつ、コメディ要素を多分に含んだエンターテインメントとして昇華。世界各国で高い評価を受け大ヒットを記録している。

Netflixと権利を争うHBOが勝利?



ドラマ版の総括プロデューサーはポン・ジュノ監督と、『マネー・ショート 華麗なる大逆転』でアカデミー脚本賞を受賞した映画監督/脚本家のアダム・マッケイさんらがつとめる方向で話が進んでいる模様。

1シーズン限りのドラマになるようだが、英語版としてのリメイクなのか、何らかの形でのスピンオフになるのか、その詳細はまだ明らかになっていない。

また米メディア・The Hollywood Reporterは、NetflixとHBOがドラマ化の権利を争い、結果的にHBOがそれを勝ち取ったと伝えている(外部リンク)。