よくも悪くも、日本らしいサッカーだった。それが試合を見終えての率直な感想だ。

 アジアU−23選手権がタイで開幕し、日本はグループリーグ初戦でサウジアラビアと対戦。1−2で敗れた。


グループリーグ初戦、日本は1−2でサウジアラビアに敗れた

 結果として負けてしまうと、どうしても内容に対する印象も結果に引っ張られ、ネガティブなものになってしまいがちだが、試合内容を全体的に見ると、決して悪いところばかりではなかった。

 3バックからのビルドアップはスムーズだったし、2ボランチからの縦パスの入りもよかった。両チームともに3−4−3(3−4−2−1)の布陣で、サウジアラビアは前線から日本の攻撃を制限しにかかったが、日本はそのプレッシャーをかいくぐり、ボールを前に進めることができていた。

 その要因となったひとつは、ボランチのポジショニングの変化である。

 従来、このチームではボランチは高い位置を保ち、DFラインの前で攻守に絡むことが期待されていた。森保一監督が率いた当時のサンフレッチェ広島は、ボランチが1枚落ち、3−4−3を実質4−3−3にシフトして攻撃を組み立てるスタイルが十八番だったが、このチームでは、むしろボランチが安易に下がることを許さなかった、と言ってもいいだろう。

 だがこの試合では、2ボランチの田中駿汰(大阪体育大)、田中碧(川崎フロンターレ)のいずれかが3バックの間に落ち、ビルドアップに加わることで、両サイドバック(3バックの左右DF)を高い位置に押し出す形を再三作っていた。田中碧が語る。

「(相手のプレッシャーを)はがし続けられたのはよかった。駿汰くんと練習試合も含めてやってきたことができた」

 決して3バックがボールを動かせなかったために、ボランチがやむなく落ちたわけではない。あくまでもビルドアップのバリエーションとして、ボランチが効果的にDFラインに出入りできていたのである。

 パスをつないでの攻撃の組み立ては、日本が得意とするところであり、いい意味での日本らしさ。と同時に、そこには、チームとしての戦い方が、段階的にステップアップしている様子もうかがえた。

 しかし、それにもかかわらず、結果として1点しか取れず、逆に2点を失って負けたことには理由がある。悪い意味での日本らしさもまた、この試合ではしっかりと顔を出していたからだ。

 まずは、ディフェンスの対応の仕方である。

 Jリーグの試合を見ていてもそうだが、日本の選手は概してボールを積極的に奪いにいこうとしない。たとえば、相手選手がドリブルで進んできても、いかにボールを奪うか(ドリブルを止めるか)を考えて相手との距離を詰めるのではなく、逆に距離を空けて、いかに抜かれないかを優先する。結果として相手に空間的余裕を与え、シュートまで持ち込まれてしまうのだ。抜かれてはいないとしても、これではディフェンスの意味がない。

 サウジアラビア戦の1失点目は、まさにこれだった。

 背番号7のMFアブドゥラフマン・ガリーブのドリブルに対し、日本のDFラインは人数が十分足りていた。にもかかわらず、誰もボールにチャレンジせず、ライン全体がズルズルと後退。結局、ペナルティーエリア進入を易々と許し、背番号10のMFアイマン・アルフライフにフリーでシュートを打たれている。

 同じような場面、すなわち失点の伏線は、前半にも何度かあっただけに、起こるべくして起きた失点シーンだった。

 また、攻撃においても、2シャドーの食野亮太郎(ハーツ)、旗手怜央(順天堂大)が、せっかく相手DFとMFの間のスペースで縦パスを受けても、その後の崩しの展開にはつながらなかった。ペナルティーエリア周辺での意欲的な仕掛けや、相手の裏を取るような連係が見られなかったからだ。

 結局は、サイドからクロスを入れるだけで終わることも多く、そのクロスもあまり得点の可能性を感じさせない。これらの現象も、Jリーグの試合でしばしば出くわす類のものだ。

 そして、悪い意味での日本らしさが最も鮮明に表われていたと言えるのが、試合の終わらせ方である。

 Jリーグの試合を見ていると、試合終了間際にスコアがバタバタと動くことが意外なほど多い。たとえば、1点負けているチームが劇的な同点ゴールを決めたかと思うと、直後に再び勝ち越される、といったように。

 最後まであきらめず、何が何でも勝ちにいく姿勢を失わないのは、いい意味での日本らしさではある。だが、一発勝負のトーナメント戦ならともかく、リーグ戦においては、その姿勢がときに自分の首を絞めることにもなりかねない。

 3試合をトータルで考えるべきグループリーグ。その初戦であるサウジアラビア戦もそうだった。

 おそらくグループ最大の難敵であるサウジアラビアを相手に、1−1のまま試合終盤を迎えたのなら、決勝点を狙いつつも必要以上のリスクは避け、引き分けで終わるのも悪い結果ではなかった。しかも、後半半ばを過ぎると、サウジアラビアには足がつる選手も見られ始め、明らかに動きが落ちていた。最悪でも引き分け、は決して難しいタスクではなかったはずだ。

 ところが、最終ラインでのイージーなパスミスからやらずもがなの勝ち越しゴールを与えてしまうのだから、サウジアラビアからしてみれば、まさにタナボタの勝ち点3獲得である。田中碧は終盤の失点について、こう振り返る。

「サウジはとくに後半、(日本が)3バックで(ボールを)回している時、(前線の)3枚で(プレスに)来ていた。(ボランチが1枚落ちて)数で優位性を保てば、もちろんはがせるが、(勝ち越すために)自分は高い位置を取っていた。グループリーグ突破のためには、勝ち点1を取るのも大事。結果論だが、(最終ラインを)4枚で回すほうがよかったかもしれない」

 田中碧は「勝ち点1でもいいと、自分のなかでは考えていた」。だが、「(勝ち越しに)いけるんじゃないかというのも(チームの雰囲気として)あった」というなかで、「自分ではわかっているつもりでいたが、結果こうなった。そこは甘さ。もっと大局的にゲームを見ないといけない」と悔やむ。

 もちろん、選手だけを責められない。

 3枚ある交代枠のうちの2枚は、サウジアラビアに勝ち越しを許した後半ロスタイムに入ってから使うことになったが、その理由について、森保監督は「最後まで攻撃の形自体は悪くなかった。疲労の面でも、選手はまだ十分いけるだけの状態だった」と話す。

 だが、攻撃の形自体は悪くないにもかかわらず、なかなか得点はできず、じりじりとした時間が続いていた。だからこそ、選手交代を使い、どう試合を進めるのかのメッセージを、ベンチからピッチへもっと明確に伝えるべきではなかったか。

 仮に、サイドアタッカーの遠藤渓太(横浜F・マリノス)や相馬勇紀(鹿島アントラーズ)が投入されれば、勝ち越しを狙うという意図が、あるいは、ボランチの齊藤未月(湘南ベルマーレ)や松本泰志(サンフレッチェ広島)が投入されれば、引き分けも視野に入れつつ、無理せず試合を進めるという意図が、もっとはっきり伝わったはずだ。

 実際、痛恨の失点につながるPKを与えたDF岡崎慎(FC東京)は、「(相手のプレスと同数の)3枚でボールを回して、(リスクを負って)五分五分でやっていたが、チームとしても(勝ちにいくのか、引き分けでもいいのかの意図が)少しバラバラだった」と振り返る。

 つまりは、抜かれなければいいという守備の仕方といい、質量両面でのフィニッシュの物足りなさといい、試合の終わらせ方の拙さといい、「Jリーグでの日常」がこの試合に投影されていたに過ぎない。

 この試合に出ていた選手を非難するのは簡単だ。しかし、今回のU−23代表は、食野を除き、すべて国内組。いわば”U−23Jリーグ選抜”なのである。Jリーグで普段やっていないことが、ここで突然できるようになるはずがない。

 要は、Jリーグのなかで日常的にもっと強度の高いプレーが求められるべきであり、根本的な原因に目を向けなければ、本当の意味での問題解決にはつながらない。そんなことを、あらためて思い知らされるゲームだった。

 ただし、そうは言ってもアジアにおいては、日本の実力が最上位レベルにあるのは間違いない。

 グループリーグはまだ2試合残されている。日本は続くシリア戦、カタール戦に勝てば、自力で決勝トーナメント進出を決められる。ひとつ負けたからといって、慌てることはない。サウジアラビア戦の前に行なわれたカタール対シリア(2−2の引き分け)の試合を見る限り、両チームとも過度に恐れる必要のない相手である。

 だが、一般論で言えば、短期決戦のグループリーグ初戦で敗れるショックは、意外なほど後を引く。しかも、ピッチ上の選手同士がまとまりを欠き、イージーミスからの失点で負けたとあってはなおさらだ。続く2試合でも同じような戦いを繰り返せば、待っているのは最悪の事態である。

 現在、タイのピッチに立つ選手たちだけを非難しても仕方がない。とはいえ、今まさに起きている状況を変えられるのは、彼らしかいない。

 23歳以下の国内組が、この大会でより多くの経験をし、より多くの気づきを得るためにも、ここからの奮起を求めたい。