日本のスターティングメンバー。パフォーマンスにも明暗が分かれた。

写真拡大 (全4枚)

【日本代表・総評】
5.5
 立ち上がりからがっぷり四つに組合い、15分過ぎからペースを掴む。シャドーまでは鮮やかにボールが入ったが、そこから先を攻略できないでいると、これまで手を焼いていた7番のガリーブと10番のアルフライフに崩され、後半開始早々に失点。その後、立て続けにチャンスを作り、食野の同点ゴールでリバウンド・メンタリティを見せたが、最後の最後でミスから失点。1−1で終わらせるのか、逆転を狙うのか、その共通理解が行き届いていたか疑問。

【個人採点・寸評】
GK
12 大迫敬介 7
前半に訪れた二度のピンチも抜群の反応でセーブ。立ち居振る舞いに正GKとしての風格が漂ってきた。

DF
3 渡辺 剛 5.5
シャドーの10番、7番に手を焼き、裏を取られるのを恐れて距離を置いたのがマイナスに働いた。後半は持ち直した。

15 岡崎 慎 6
相手の1トップをかわして抜群のタイミングでボランチに縦パスを入れた。ただし、対人プレーではやや劣勢に回る場面もあった。

20 古賀太陽 5
縦へのアプローチは迫力があり、スルーパスも通した。それだけに勝ち越しゴールに繋がるパスミスは痛恨だった。
 
MF
5 杉岡大暉 5.5(90+1分OUT)
前半から果敢に縦に仕掛けたが、効果的なクロスは上げられなかった。78分の渾身のシュートは最大の見せ場だった。

7 田中駿汰 6.5
ディフェンスラインからボールを引き出し、軽快にさばく。旗手、小川に入れた二度の縦パスはタイミング、精度いずれも秀逸だった。

8 田中 碧 6
相手のプレッシャーに物ともせずボールをキープ。攻守において安定したプレーを披露した。

10 食野亮太郎 6.5
中間ポジションでボールを受けて即座にターン。軽快なステップワークで相手守備網を切り裂き、同点ゴールもねじ込んだ。

19 旗手怜央 6.5(90+1分OUT)
ボランチの脇に落ちたり、裏に抜けたり、ドリブルで仕掛けたりと、シャドーの役割を心得ていた。昨年末のジャマイカ戦からの好調を維持。

22 橋岡大樹 6
旗手との連係で右サイドを抜け出し、クロスを上げる場面も何度もあった。後半に迎えた二度の決定機は決めたかった。
 
FW
9 小川航基 5(72分OUT)
なかなかトップまでボールが入らずストレスの溜まる展開。田中駿の縦パスをヒールでフリックしたシーン以外は見せ場がなかった。

交代出場
FW
13 上田綺世 5(72分IN)
逆転も切り札として送り込まれたが、チャンスボールを呼び込むことができなかった。目立ったのは警告をもらったシーンだけ。

MF
16 相馬勇紀 ―(90+1分 IN)
勝ち越された直後に左アウトサイドに投入されたが、得意のドリブル突破を披露するには時間が少なすぎた。

MF
18 田川亨介 ―(90+1分 IN)
珍しくシャドーのポジションに入り、ダイアゴナルランでゴール前に飛び込んでいたが、クロスが入ってこなかった。

監督
森保 一 5
逆転するためのカードを切れず、逃げ切るためにアクションも起こせず。勝ち越されたあとに慌てて二枚替えしたが、遅きに失した。