U-23日本代表を率いる森保一監督

写真拡大

[1.9 AFC U-23選手権GL第1節 U-23日本代表 1-2 U-23サウジアラビア代表]

 痛恨の黒星スタートとなった。試合後の記者会見。U-23日本代表を率いる森保一監督は「自信を失うことなく、次の試合に向かいたい」と気丈に前を向こうとしていた。

 序盤はサウジアラビアにゴールを脅かされる場面を作られながらも、GK大迫敬介(広島)の好セーブなどで得点を許さずに試合を進める。後半3分に先制点を奪われながらも、同11分にMF食野亮太郎(ハーツ)の得点ですぐさま試合を振り出しに戻すなど、粘り強い戦いぶりを見せた。

「集中を切らすことなく、下を向くことなく追い付き、その後もチャンスを作って勝ちに持っていくこともできた内容を続けてくれた」

 しかし、1-1で迎えた後半40分に予期せぬプレーから決勝点につながるPKを献上。自陣左からDF古賀太陽(柏)が送ったバックパスはDF岡崎慎(FC東京→清水)には合わず。こぼれ球をFWブライカーンに拾われてPA内に侵入されると、岡崎がファウルでストップ。与えたPKをMFガリーブに沈められて万事休した。

 明らかなミスからの失点。指揮官も「2失点目の場面、ほんの少しのミスが勝敗を分けた」と語りつつ、試合後には選手たちに切り替えを促したようだ。

「ミスとして出てしまった分は2試合目、3試合目に向けてなくそうという話をした。終わってしまったことは変わらない。十分勝てる内容は見せてくれたので、2試合勝って終われるようにと選手たちに伝えた。自信を失うことなく、次の試合に向かいたい」

 試合は中2日で行われる。次戦は12日、シリア戦。この日、負った“傷”を少しでも癒し、絶対勝利が必要な第2戦へと向かう。

(取材・文 折戸岳彦)