一時は同点に追いつくゴールを決めたMF食野亮太郎

写真拡大

[1.9 AFC U-23選手権GL第1節 U-23日本代表1-2U-23サウジアラビア代表]

 東京オリンピックイヤーの初陣。森保一監督率いるU-23日本代表が黒星での船出となった。「自分たちのミスということで、ショックは大きいですけど、切り替えて次に臨んでいきたい」。10番を託されたMF食野亮太郎(ハーツ)は苦虫を噛み潰したような表情で振り返った。

 後半3分の失点によって追いかける展開となった日本だが、同11分に放った食野のミドルが、相手に当たってコースが変わるラッキーなシュートになって試合は振り出しに戻る。ただ同40分に今度はDF岡崎慎(FC東京)がエリア内で相手を倒してしまってPKを献上。これが決勝点になった。

 試合後のテレビインタビューに答えた食野は、「切り替え」という言葉を何度も繰り返した。「次とその次を勝てば問題ない」と自らに言い聞かせるように話した食野。「気持ち的に乗れるゴールになった。これからもチームを助けられるゴールが取れるように調整していきたい」という背番号10の更なる爆発を信じるしかない。