イランは8日未明(2020年1月)、イスラム革命防衛隊司令官殺害の報復として、米軍が駐留するイラクの基地に十数発のミサイル攻撃を行ったが、事前に通知していたために死傷者はなかった。トランプ米大統領も軍事的な反撃はせず、新たな経済制裁に留めるという。

司会の小倉智昭「トランプ大統領のコメントが、弾道ミサイル22発撃ちこまれていながら、『すべてうまくいっている』ってどういうことなの? できレースかなと思ってしまう」

本気になったらどちらもダメージ大きい

日本エネルギー経済研究所中東研究センターの坂梨祥・副センター長はこう解説した。「イランとしては、軍の司令官を殺害されたので、報復をしないという選択肢はなかったが、報復はするけどアメリカからの反撃を招いては元も子もないので、注意深く計算したのだと思います」

小倉は「それだったら話し合えよ。何でバカなことやってるの」