総務省は1月6日、マイナンバーカードを利用して、キャッシュレス決済の金額に応じてポイントを還元するマイナポイント事業のWebページをオープンした。

マイナポイント事業は、マイナポイントの活用により、消費の活性化、マイナンバーカードの普及促進、官民キャッシュレス決済基盤の構築を目的とする事業。

マイナポイントは、キャッシュレス決済サービスを提供するキャッシュレス決済事業者を通じて付与される。付与を受ける際は、決済サービスを1つ選択し、そのサービスの利用時にポイントなどが付与される。マイナポイントは国費で付与される。

「マイナポイント」事業の概要(検討の方向性) 資料:総務省「「マイナポイント」を活用した消費活性化策について」

マイナポイントを利用するには、マイナンバーカードを取得し、マイキーIDを設定する必要がある。2020年9月から2021年3月末までに、2万円の前払いなどに対、し5000ポイント分のマイナポイントが付与(プレミアム率25%)される。

マイナポイントをもらうには、マイナンバーカードがマイキーIDが必要 資料:総務省・内閣府

マイナポイントを申し込めるキャッシュレス決済サービスは現在募集中であり、決定次第、Webページで公開される。