U-23日本代表GK小島亨介(大分→新潟)

写真拡大

 東京五輪アジア最終予選(AFC U-23選手権)に挑むU-23日本代表の森保一監督が8日、公式記者会見に出席。チームキャプテンをGK小島亨介(大分→新潟)が務めることを明かした。

 今大会には同代表でキャプテンを務めてきたMF中山雄太(ズウォレ)が招集されていない上、中山不在時にキャプテンマークを巻いてきたDF板倉滉(フローニンゲン)やMF三好康児(アントワープ)も招集外。12月29日のメンバー発表会見時、指揮官は「そこ(誰がチームを引っ張るか)は、このメンバーを選ぶとき、スタッフミーティングでも話になった」と口にしていた。

 そして、公式記者会見時にキャプテンについて問われた指揮官は、「チームキャプテンはGKの小島を考えている」との考えを明かす。しかし、ゲームキャプテンについては「全選手、試合に出る確約がないので、試合に出るメンバーから決めたい」と話すにとどめている。

「キャプテンをすぐに決めるのではなく、一人一人がリーダーと自覚を持ってほしいと思っている。選ばれた選手は、チームのためにできることを明日の試合でやってほしい」

(取材・文 折戸岳彦)