レバノンに逃走した日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(65)の妻のキャロル・ナハス(53)がウソの証言をしたとして、東京地検特捜部はきのう7日(2020年1月)に偽証容疑で逮捕状をとった。

キャロルは去年(2019年)4月、東京地裁の証人尋問で、事件にかかわるオマーンの販売代理店関係者と会っていたにもかかわらず、「その人は知らない」「覚えていない」とシラを切ったとされる。

司会の小倉智昭「狙いは何なのか。レバノンにいるのを逮捕できるのでしょうか」

逮捕状出たキャロル夫人はベイルートの街を闊歩

キャロルはレバノンの首都ベイルート出身で、ニューヨークで暮らしていた。ゴーンとフランスのベルサイユ宮殿で豪華結婚式を挙げ、世界中に豪邸を持つ。ベイルートの自宅は6億5000万円をかけた家具が置かれ、シャンデリアは800万円したといわれる。

それらの費用は、日産自動車の資金から出た可能性があり、日産は立ち退きを求めて訴訟を起こした。ほかにも、ゴーンが日産の関連会社から引き出したと億単位のカネの一部が、キャロルの会社に入っていた疑いも浮上している。

ベイルートの街を闊歩するキャロル夫人の姿が目撃されている。

打つ手なしの日本検察

山田秀雄(弁護士)「(検察は捜査批判に対して)キャロル容疑者も犯罪当事者だという印象を強調せざるを得なかったのでしょう」

古市憲寿(社会学者)「いまさら遅い。間抜けなことをやっている」

ベイルートの現地メディアは「問題はゴーンの財産だ」と指摘している。ゴーンも「この国の発展に無限に協力する」として、すでに投資しているらしい。レバノン政府の閣僚は「他国には渡さない」と語った。ゴーンの逃げ得を許わけにはいかない。