ZOZO創業者の前澤友作・前社長が企画した、総額10億円のお年玉キャンペーンに便乗したようなプレゼント企画詐欺が増えているという。28歳の被害は「プレイステーションが当たるという懸賞に応募して、当選しましたとダイレクトメールが企業から届きました」と話す。前澤氏の企画と同様にツイッターで簡単にゲーム機がもらえるというものだった。

当選の連絡を受け、業者のホームページに名前や住所、電話番号などの個人情報を入力したところ、送料1080円をクレジットカードで支払うよう求められ、当選した喜びでクレジットカード情報も送ってしまった。

しかし、商品は届かず、そればかりか、ネット通販で勝手に名前を使って買い物をされていた。総額6万円以上。すぐにカード会社に連絡してお金は戻って来たが、これで終わったわけではなかった。

SNSで注意呼び掛けた被害女性に脅し「お前の情報ばらまくぞ」

女性が注意喚起のため、「これは詐欺です。気を付けてください」とSNSに投稿すると、「その情報を消さなければ、お前の情報をバラまくぞ」とメールが届き、実際にネットに拡散された。さらに、着払いで、水、机、ピザ、ナイフなどたくさんの荷物が送りつけられ、嫌がらせは1か月以上続いた。

「グッとラック!」はホームページに記載されていた住所を訪ねると、業者は存在せず、ビルの所有者に連絡すると、「そういう会社には貸していません」ということだった。

ITジャーナリストの三上洋氏は「こういったプレゼント企画のほとんどは詐欺です。増えたのは、前澤氏のプレゼント企画が大きな話題になってからです」と話す。

キャスターの立川志らく「ひどい話ですね。たちが悪い。前澤さんもちょっと、気の毒ですね」

司会の国山ハセン「勝手に利用されたということです」

高橋知典(弁護士)「警察にも動いてもらって、立件した方がいいと思います」