イラク・アサド空軍基地

写真拡大

 【ワシントン=黒瀬悦成】米国防総省は7日、米軍が駐留するイラク西部のアサド空軍基地と北部のエルビル基地がイラン領内から発射された数十発のミサイルによって攻撃されたと発表した。

 米メディアによると、米軍将兵に被害はなかったとみられる。イラン革命防衛隊は国営テレビを通じ、防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官が米軍に殺害されたことを受け、報復攻撃を実行したと表明した。

 イランが司令官殺害に対する報復攻撃を行うのは初めて。トランプ大統領はイランが報復攻撃に出た場合は「重大な結果を招くだろう」と警告しており、両国間の報復合戦がエスカレートする恐れがある。

 国防総省などによると、ミサイルはソレイマニ司令官の葬儀が終了した直後とされる、イラク時間8日午前1時半ごろに始まった。FOXニュースによると、使われたのは短距離弾道ミサイルまたは巡航ミサイルとみられている。

 イランは過去にイラクの米軍基地に対しロケット弾や迫撃砲攻撃を仕掛けてきたことがあるが、イラン領内からのミサイル攻撃は異例とされる。

 ホワイトハウスのグリシャム報道官は声明で攻撃に関し「報道を承知している。大統領は説明を受け、国家安全保障チームを協議しつつ情勢を注視している」とした。

 エスパー国防長官は7日、国防総省での記者会見で「イランによる何らかの形での報復が待ち受けていると考えるべきだ」と述べた上で、「米国はあらゆる事態に対処する備えができており、適切に対処していく」と強調した。

 ロイター通信によると、イラン革命防衛隊は国営テレビを通じて声明を発表し、「イランへの攻撃には痛烈に反撃する」とした上で「米国は、兵士らがこれ以上死亡するのを防ぐために中東から米軍を撤収させるべきだ」と主張した。

 また、米軍の対イラン攻撃に関し出撃拠点を提供するなどした地域の米同盟国も報復攻撃の対象になると警告した。

 一方、トランプ氏は7日、ホワイトハウスで記者団に対し、ソレイマニ司令官を殺害したのは、司令官が米権益などに対する「大規模な攻撃を計画していた」ためだと説明し、攻撃は正当だったと主張。エスパー氏も同日、攻撃は「数日中」に実行されるところだったとし、脅威が差し迫っていたと強調した。

 エスパー氏やポンペオ国務長官らは7日、議会民主党から司令官殺害の必然性などに関し批判が強まっているのを受け、民主、共和両党の議会指導部と情報委員会の筆頭議員ら8人に対して機密情報を含む攻撃の詳細を説明した。