State of JavaScriptがこのほど、2019年におけるJavaScript関連の調査結果「The State of JavaScript 2019」を公開した。このデータには、JavaScriptユーザーの意識の調査結果が含まれており、JavaScriptの現在の方向性についてどのように考えているかがまとめられている。

JavaScriptを使ったアプリ開発を難しいと考えるユーザーが減り、さらにJavaScriptはもっと使われたほうがよいと考えているユーザーが増えているようだ。Webアプリ開発において、JavaScriptがより一般化しつつある意識の動きが見える。

JavaScriptは正しい方向に進んでいるか - 資料: The State of JavaScript

JavaScriptアプリの開発を楽しんでいるか - 資料: The State of JavaScript

JavaScriptをメイン言語にするつもりはあるか - 資料: The State of JavaScript

一方、JavaScriptの現在の方向性は正しいかという問いに対し、肯定率はほとんど変わらないものの、強く肯定するという意見が大きく減り、肯定するといったところへ認識が変わっている。

JavaScriptアプリ開発についても、肯定率は変わらないものの、以前よりも楽しみは減ったとする意見が増加。JavaScriptをメインのプログラミング言語にしたいという意見も、肯定率は変わらないが、強く肯定するといった段階から肯定するといった段階へと、情熱が落ち着きを見せている。

The State of JavaScript 2019の調査に協力したユーザーは2万1717名で、世界中のJavaScriptユーザーが回答している。最も多いのは米国の4509名で、これに英国の1227名、フランスの1056名、ドイツの967名、カナダの757名が続いている。日本からは118名から回答があり、全体の0.6%ほどとされている。

The State of JavaScriptの調査は2016年から実施されており、JavaScript関連の技術流行がどのように変化しているかが示されている。