State of JavaScriptがこのほど、2019年におけるJavaScript関連の調査結果「The State of JavaScript 2019」を公開した。公開されたデータにはJavaScriptユーザーが情報を得るために訪れているブログやマガジンサイト、情報サイト、Webコースなどのランキングが含まれている。

JavaScriptユーザーが日常どのようなWebサイトから情報を得ているのかが示されており興味深い。掲載されている主なWebサイトは次のとおり。

○JavaScript関連ブログ/マガジンほか利用割合

CSS-Tricks

DEV Cummunity

JavaScript Weekly

Smashing Magazine

David Walsh Blog

SitePoint

Codrops

Daily JS

Best of JavaScript

Echo JS

○JavaScript関連サイト/コースほか利用割合

Stack Overflow

MDN Web Docs

W3Schools Online Web Tutorials

GitHub - freeCodeCamp/freeCodeCamp

Wes Bos

JavaScript関連ブログ/マガジンほか利用割合 - 資料: The State of JavaScript

JavaScript関連サイト/コースほか利用割合 - 資料: The State of JavaScript

掲載されているWebサイトはJavaScriptやCSS、HTML、Webデザイン、コーディングなどの情報が掲載されていることが多いサイトばかりだ。具体的には、APIドキュメント的に使用できるサイト、Q&Aサイト、コミュニケーションサイト、定期的に記事が掲載されるサイト、チュートリアル系学習サイドなどその内容はさまざま。

The State of JavaScript 2019の調査に協力したユーザーは2万1717名で、世界中のJavaScriptユーザーが回答している。最も多いのは米国の4509名で、これに英国の1227名、フランスの1056名、ドイツの967名、カナダの757名が続いている。日本からは118名から回答があり、全体の0.6%ほどとされている。

The State of JavaScriptの調査は2016年から実施されており、JavaScript関連の技術流行がどのように変化しているかが示されている。