Q-Successから2020年1月のWebサイト向けサーバサイドプログラミング言語のシェアが発表された。2020年1月はAPS.NET、Java、静的ファイル、Perlがシェアを減らし、Rubyがシェアを増やした。PHPは横ばいの動きを見せている。

Webサイト向けのサーバサイドプログラミング言語としては、PHPが78.9%とほかのプログラミング言語を引き離して高い値を維持している。

変動の割合は小さいものの、ASP.NETとJavaは長期にわたって下落傾向を続けている。一方、Rubyは増加の傾向を示しており、今後もシェアを増やしていく可能性があると見られる。

2020年1月Webサイト向けサーバサイドプログラミング言語シェア/棒グラフ

Webサイト向けサーバサイドプログラミング言語シェア推移グラフ - 資料: Q-Success

Q-Successは、上位1000万のWebサイト(2013年6月までの上位100万)を調査対象としており、Alexaによって提供されたWebサイトの人気ランキングの3カ月の平均順位を用いている。