今日も試合に駆け付けた八村塁【写真:AP】

写真拡大

30試合ぶりに相手を100点以下に抑えて勝利

 米プロバスケットボール(NBA)のウィザーズ・八村塁は6日(日本時間7日)の本拠地セルティックス戦を鼠径部の打撲により11戦連続で欠場。黒のジャケット姿でベンチから試合を観戦した。ウィザーズは、この日もエースのブラッドリー・ビールを負傷で欠いたものの、現在東カンファレンス2位につける好調セルティックスを相手に99-94で勝利。4日(同5日)のナゲッツ戦に続いてアップセットを演じ、2連勝を飾った。

 ウィザーズディフェンスが30試合ぶりに相手を100点以下に抑えた。ここまで1試合平均120.1点を対戦相手に献上し、この部門でリーグ最下位に位置しているウィザーズディフェンスがこの試合では機能。ケンバ・ウォーカーを欠いたものの、ジェイソン・テイタムやゴードン・ヘイワードなどタレントの揃うセルティックスに94点しか与えず、11月4日のピストンズ戦以来に相手を100点以下に抑えて勝利した。

 特にこの試合の第1クォーター(Q)ではセルティックスに17点しか許さず波に乗ると、一度もリードを奪われることなく試合を終えた。なぜ第1Qでディフェンスが機能したのか聞かれたウィザーズのスコット・ブルックスHCは、その理由の一つがオフェンスにあることを明かした。

「オフェンス面で大胆過ぎなかったことも助けになったように思う。いいショットや良い状況を作り、パスもよく回った。そしてイシュ・スミス率いる“大胆に”プレーするグループがコートに入り、ハードにプレーした」

スミスはコミュニケーションの重要性を強調

 2日前のナゲッツ戦でキャリアハイの32得点をマークしたイシュ・スミスは、この日も持ち前の鋭いドリブルで相手を翻弄。27得点をマークし、勝利の立役者となった。そのスミスも今日のディフェンスには手応えを感じたようで「成熟してきている」と語り、試合序盤に機能したディフェンスの裏には、ディフェンシブコーチのマイク・ロンガバルディ存在があることを明かした。

「第一に僕らは若いチームだ。だから、今それを習得してきている。ディフェンス面で一番大きいのはコミュニケーション。コミュニケーションとトランジションディフェンス。その2つを今やっている。ハーフコートに入ったら、コーチが言うように“自分の持ち場を守らなければいけない”。基本的に相手をガードしてタフショットを強要する。良くなってきているし、その部分は成熟してきている。まだ成長段階だが、確実に進歩している」

 タレント豊富なセルティックスを100点以下に抑えたことは、ウィザーズにとって非常に大きな意味を持つ。ブルックスHCも「このチーム(セルティックス)はイーストで2位のチームであり、オールスターに選ばれる可能性のある選手が3人いる。ケンバ(・ウォーカー)を欠いていたけれど、過去3、4年そうであったように、チャンピオンシップを争うチームだ。我々が今夜見せた精神が好きだし、これを継続しなければいけない」と満足感を示した。

 エースのビールを欠いた試合で3勝2敗と好成績を残しているウィザーズ。その3勝はヒート、ナゲッツ、セルティックスと各カンファレンス上位のチームを相手に手にしたもの。各選手が自分の仕事をこなし、チームが攻守両面でスムーズに機能している今、エースが復帰した際にどのようなローテーションを組むだろうか。ブルックスHCにとっては、嬉しくもあるが頭を悩ます問題となりそうだ。(THE ANSWER編集部・土屋 一平 / Ippei Tsuchiya)