Net Applicationsから2019年12月のモバイルにおける検索エンジンのシェアが発表された。2019年12月はGoogleがシェアを減らし、Baidu、Yahoo!、Bingがシェアを増やした。しかし、Googleのシェアは93.34%、Baiduのシェアは3.46%、Yahoo!のシェアは1.15%と、Googleのほぼ独占状況に変わりはない。

1年半ほど前からGoogleの増加とBaiduの減少という傾向が続いている。過去半年に絞ればその傾向も横ばいに近く、モバイル向けの検索エンジンとしてGoogleが不動の地位に近づきつつある状況になっている。

2019年12月モバイル検索エンジンシェア/円グラフ - Net Applications

2019年12月モバイル検索エンジンシェア/棒グラフ - Net Applications