東京ディズニーランドに近い人気ホテル(千葉県浦安市)のレストランで4日(2020年1月)、中華丼を食べた女性が嘔吐やジンマシンのアレルギー症状(アナフィラキシー症状)を起こし、救急外来で治療を受けた。

メニューにアレルゲンとして卵と小麦粉のマークはついていたが、エビやカニの表示はなかったため「食べられると思って注文した」という。食べ進むうちにエビが丸ごと出てきた。

アレルゲン表示は外食には義務はない

ここのメニューは一品ごとにアレルゲンをマークで表示しており、女性は安心してしまったらしい。レストラン側は女性に当初は「貴重なご意見をありがとうございました」と事務的な対応だったが、きのう6日、ホテルのホームページに謝罪文を掲載。ホテル総支配人は「とくダネ!」の問い合わせに、「印刷会社とのやり取りの中で表記が抜けました」と認めた。保健所はメニューの作り直しを指導している。

山夕貴アナウンサー「アレルゲン表示は7種類が加工食品に義務づけられていますが、外食に義務はないそうです」

山田秀雄(弁護士)「他のアレルゲンを表記していたのに抜けていたのは、レストランは過失に問われる可能性があります」

山アナ「食べられる食材を店に伝えるなどの自衛策が必要ということですかねえ」