組み合わせの相性などもあるが、JavaScriptユーザーは開発効率を上げるためにフレームワークにほかのライブラリを併用することがあり、開発者にはそれぞれに慣れたライブラリがあることが多い。フレームワークは利用せずに、ライブラリを使うだけといったケースもある。

State of JavaScriptはこのほど、JavaScript関連の調査結果「The State of JavaScript 2019」を公開した。このデータから、多くのJavaScriptユーザーが、LodashとMomentを日常的に使用するライブラリとして活用していることがわかった。

日常的に使われているJavaScriptライブラリ - 資料: The State of JavaScript

JavaScriptユーザーに日常的に使われているJavaScriptライブラリの第1位はLodashで、ほぼ同じ割合でMomentが第2位につけている。第3位には、第1位および2位の半数以下の割合となるjQueryが位置しており、jQueryと同じくらいの割合でdate-fnsとRxJSが続いている。

それ以外のJavaScriptライブラリとしてはUnderscore、Ramda、Immer、Axios、Day.js、Luxon、Immutable、Sanctuary、ESLint、D3、fp-ts、Prettier、Classnames、LitElement、Bluebird、Styled Components、Numeral.JS、Babel、Greensock、Async、Reduxなども挙がっている。

The State of JavaScript 2019の調査に協力したユーザは2万1717名で、世界中のJavaScriptユーザが回答している。最も多いのは米国の4509名で、これに英国の1227名、フランスの1056名、ドイツの967名、カナダの757名が続いている。日本からは118名から回答があり、全体の0.6%ほどとされている。The State of JavaScriptの調査は2016年から実施されており、JavaScript関連の技術流行がどのように変化しているかが示されている。