2019年9月に公開となった「マリオカート ツアー」ですが、リリースから98日間のアプリのダウンロード数が、これまでの任天堂のゲームの中でトップとなったことがわかりました。また、リリースから98日間の課金額においても、ファイアーエムブレム ヒーローズに続いてマリオカート ツアーが2位となったことが明らかになりました。

任天堂ゲーム史上最多のダウンロード数を記録

アプリ分析プラットフォームSensor Towerは、リリースから98日間で最もダウンロードされた任天堂のモバイルゲームアプリのランキングを発表しました。
 

 
1位に輝いたのは、昨年9月にリリースされた「マリオカート ツアー」です。リリース24時間で2,000万ダウンロードを突破し、リリース1週間で9,000万ダウンロードを達成したマリオカート ツアーは、リリースから98日間で1億4,230万ダウンロードに達したことがわかりました。
 
この数字は、Super Mario Runの4,420万ダウンロードや、どうぶつの森 ポケットキャンプの2,320万ダウンロードに比べても桁違いに多いことがわかります。

課金額は任天堂ゲーム史上2位

Sensor Towerは、リリースから98日間の任天堂モバイルゲームの課金額のランキングも同時に発表しています。
 

 
任天堂ゲーム史上1位となったのは、ファイアーエムブレム ヒーローズで、1億2,360万ドル(約133億5,930万円)となっています。
 
2位に輝いたのはマリオカート ツアーで、リリースから98日間で課金額は7,510万ドル(約81億1,720万円)に達したことがわかっています。
 
マリオカート ツアーでは、月額550円のゴールドパス会員限定のマルチプレイテストが昨年12月27日まで実施されていました。
 
マリオカート ツアーの7,510万ドルという課金額は、Super Mario Runの3,740万ドル(約40億4,240万円)と比べて約2倍となっており、任天堂にとって大きな収益源となっています。
 
 
Source:Cult of Mac
Photo:任天堂
(lexi)