人気アプリ「ポケモンGO」で遊ぶ人々(2016年7月16日撮影、資料写真)。(c)CHAIDEER MAHYUDDIN / AFP

写真拡大

【AFP=時事】カナダで大人気ゲームアプリ「ポケモンGO(Pokemon Go)」のプレーヤーたちがポケモンを追い求めて軍基地内に侵入する例が急増し、憲兵隊員少なくとも3人が任務としてゲームをプレーするよう命じられたことが分かった。

 カナダ放送協会(CBC)が情報開示請求を通じて入手したカナダ軍の内部文書によると、基地内で身柄を拘束される侵入者が急増しており、軍関係者を悩ませているという。侵入者は外国のスパイなどではなく、ポケモンをたくさん捕獲するため軍の管轄する立ち入り禁止区域に入り込んでしまったゲームファンたちだ。

 カナダ軍キングストン基地(Base Kingston)のジェフ・モナガン(Jeff Monaghan)少佐は500ページ近くに及ぶ文書の中で、「フォート・フロンテナック(Fort Frontenac)に『ポケジム』と『ポケストップ』があるようだ」と指摘している。

 カナダ国内の複数の基地で、少なくとも3人の憲兵隊員がスマートフォンとノートを手に軍施設内を巡回し、ポケモンの捜索やジム、ポケストップなどの位置特定の任務に就いているという。

 オンタリオ州のカナダ軍ボーデン基地(CFB Borden)に勤める機密保持の専門家デービッド・レベニック(David Levenick)氏は、「この任務のサポート役として12歳を雇ってもいいくらいだ」と報告している。

 ボーデン基地では、入り口付近でポケモンGOに夢中になっていた女性の子ども3人が戦車によじ登る騒ぎや、基地内で逮捕された男がポケモンGOのポイントを集めていただけだと供述し「わが子に勝たなければならないんだ」と訴える事例などがあった。

 カナダ軍は既に2016年のゲームの公開直後、プレーヤーに基地内に立ち入らないよう公示もしていた。

 一方、軍関係者の中にはポケモンGOの効果を期待する声もある。オンタリオ州ペタワワ基地(CFB Petawawa)に勤務するアリシア・ソーシエ(Alicia Saucier)少佐は、基地内の博物館がポケモンスポットになっているとして、「博物館への来館者が増えるかも」と歓迎するコメントを寄せていた。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
ナルト走りでエリア51に突入し宇宙人の存在確認、FBイベントに130万人参加表明
ポケモンGOは宗教冒とく 「卵」が菜食主義を侵害、インドで提訴
まるでゲーム? 「未来の戦車」イスラエルが試作機を公開