ゴーン被告の旅券携帯を東京地裁が許可 弁護士は「失念していた」

ざっくり言うと

  • 東京地裁がゴーン被告に旅券の携帯を許可していたことが2日、分かった
  • 弁護側が請求したが、東京地検は海外逃亡の恐れが高いとして反対していた
  • 弁護士は2日、「旅券を所持していた経緯を失念していた」と釈明した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x