蔡英文総統

写真拡大 (全2枚)

(台北中央社)蔡英文総統は1日、台北の総統府で新年の談話を発表した。両岸(台湾と中国)関係について、中国が台湾に迫る「一国二制度」の受け入れは「あり得ない」と改めて表明した。

中国の習近平氏が昨年1月、北京で行った演説で一国二制度による台湾統一を主張してから2日で満1年になる。

蔡総統は1日の談話で「民主主義と権威主義が同時に一つの国に存在することはできない」とした上で、反政府デモが続く香港に言及。「一国二制度が実行不可能であることを、香港の人々が身をもって教えてくれた」と述べた。

(温貴香、顧セン/編集:羅友辰)