State of JavaScriptがこのほど、2019年におけるJavaScript関連の調査結果「The State of JavaScript 2019」を公開した。同調査によると、JavaScriptのテストフレームワークとしてJestの急成長が続いているという。2019年には最も人気のあるテストフレームワークになっており、今後も採用の増加が見込まれる。

テストフレームワーク満足度推移グラフ - 資料: The State of JavaScript

Jestユーザ関心割合推移グラフ - 資料: The State of JavaScript

Jestほどではないが、Storybookも増加傾向を見せており、さらにユーザーの満足度や今後への関心も高い。Jestほどではないが、Storybookも今後採用が増加するものと見られる。

Storybookユーザ関心割合推移グラフ - 資料: The State of JavaScript

これまで使われていたMochaは2018年からユーザーの満足度が低下しており、今後はもう使わないとするユーザーが増加している。2019年には不満度が増加しており、今後徐々にユーザーが減る傾向が見えてきている。今後、JavaScriptのテストフレームワークはMochaからJestまたはStorybookへの移行が進むものと見られる。

Mochaユーザ関心割合推移ブラフ - 資料: The State of JavaScript

The State of JavaScript 2019の調査に協力したユーザーは2万1717名で、世界中のJavaScriptユーザーが回答している。最も多いのは米国の4509名。これに英国の1227名、フランスの1056名、ドイツの967名、カナダの757名が続いている。日本からは118名から回答があり、全体の0.6%ほどとされている。The State of JavaScriptの調査は2016年から実施されており、JavaScript関連の技術流行がどのように変化しているかが示されている。